メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第35回 低所得者に対する支援と生活保護制度

 皆さん、こんにちは。受験まで約2か月となりましたね。不安や焦りを感じている方も多いかもしれません。これから十分力をつけることができますので、自信をもって取り組んでいきましょう。自分の弱点な科目や理解が不足している分野を把握し、不足している知識量を補い、曖昧な知識については確実な知識にしていきましょう。

 忙しい毎日の中での学習時間の確保は、大変だと思います。限られた時間の中で、出題率の高い分野を、確実に得点できるように効率よく学習していきましょう。

 今回は「低所得者に対する支援と生活保護制度」を取り上げていきます。この科目は大きく分けて、公的扶助の歴史的発展の経緯、生活保護制度の概要、保護の実施機関と役割、生活保護の実態、生活困窮者自立支援法、求職者支援法、低所得者等への生活福祉資金貸付制度やホームレス対策、被保護者の就労支援施策等に分類されます。
 今回は、生活困窮者自立支援法について取り上げていきたいと思っています。ではまず前回の課題の解説をしておきましょう。

第20回 精神保健福祉士国家試験 「障害者に対する支援と障害者自立支援制度」

問題59 「障害者総合支援法」に基づく就労継続支援A型のサービスの利用に関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい

  • 1 障害支援区分の認定が必要である。
  • 2 暫定支給決定の仕組みがある。
  • 3 サービスの利用者負担は不要である。
  • 4 利用者は、通常の事業所に雇用されることが可能な障害者でなければならない。
  • 5 利用期間について法令上の定めがある。

正答 2

解答解説

  • 1 適切でない。訓練等給付のサービス利用に際しては、原則的に、障害支援区分認定は必要ではありません。ですから、就労継続支援A型のサービス利用についても、障害支援区分認定は必要としません。ただし、訓練等給付の中の共同生活援助について、介護のサービスを希望する場合は、要支援区分認定が必要になります。
  • 2 適切。暫定支給の決定とは、当該事業の継続利用についての利用者の最終的な意向の確認、当該サービスの利用が適切かどうかの客観的な判断を行うためのもので、暫定支給決定期間を設定した、短期間の支給決定です。暫定支給決定期間は、2か月以内の範囲で、市町村が個別のケースに応じて設定します。暫定支給により利用者が一定期間サービスを利用した後、市町村は利用者の利用意思の確認と、当該サービスの利用が適切かどうかの確認を行い、この確認を踏まえて本格的な支給決定を行います。
  • 3 適切でない。障害者自立支援制度では、サービスの利用者負担は、収入に応じた応能負担になっています。ですから、訓練等給付である就労継続支援A型のサービスを利用した場合は、収入に応じた負担になります。ただし、自己負担には、収入に応じた自己負担上限額が定められています。
  • 4 適切でない。就労継続支援A型の利用対象者は、企業等に就労することが困難な、継続的に就労可能な65歳未満の障害者です。「雇用契約」に基づく生産活動の機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練等を行います。
  • 5 適切でない。就労継続支援A型、B型の利用期間については、法令上の定めはありません。標準利用期間が定められているのは、訓練等給付の自立訓練、就労移行支援、就労定着支援、自立生活援助です。

 いかがでしたか。では、今回の「低所得者に対する支援と生活保護制度」に入っていきましょう。今回は、生活困窮者自立支援法について取り上げていきたいと思います。2018(平成30)年6月に改正されていますので、改正内容を踏まえて、整理していきたいと思います。