メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第29回 社会理論と社会システム

 皆さん、こんにちは。今回は「社会理論と社会システム」を取り上げます。産業化や情報化という社会変動とともに、社会現象がどのように変化してきているか、私たちの生活や意識にどのような影響を与えているかを理解し、利用者が抱える課題を、社会学的な視点で分析することができる目を養っておきましょう。今回は、コミュニティについて取り上げていきたいと思います。では最初に、前回の課題を解説しておきましょう。

第20回 精神保健福祉士国家試験 「心理学理論と心理的支援」

問題14 カウンセリングや心理療法に関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい。

  • 1 認知行動療法では、クライエントの発言を修正せず全面的に受容することが、クライエントの行動変容を引き起こすと考える。
  • 2 社会生活技能訓練(SST)では、ロールプレイなどの技法を用い、対人関係で必要なスキル習得を図る。
  • 3 ブリーフセラピーでは、即興劇において、クライエントが役割を演じることによって、課題の解決を図る。
  • 4 来談者中心カウンセリングでは、クライエントが事実と違うことを発言した場合、その都度修正しながら話を聞いていく。
  • 5 動機づけ面接では、クライエントの変わりたくないという理由を深く掘り下げていくことが行動変容につながると考える。

正答2

解答解説

  • 1 誤り。認知行動療法は、認知療法と行動療法を応用した療法です。認知の歪みすなわち物ごとの受け止め方の偏りを矯正し、新たな物ごとの受け止め方を作り上げること、すなわち認知の再構成を行い、クライエントが現在抱えている行動上の問題に焦点を当てて、適切な行動を学習していけるよう援助する治療法です。認知の再体制化を中心として、クライエントの自己評価の低さや自己非難に伴う否定的な感情に注目し、その認知的枠組みや信念を修正して、望ましい行動に変えていく治療法です。
  • 2 正しい。社会生活技能訓練は、行動療法や認知行動療法等の技法を用いて社会生活のための技能を習得する集団療法の一つです。グループでウォーミングアップの後、それぞれの取り組むべき課題を決め、ロールプレイによるリハーサルを行います。それに対して、よいところを褒める正のフィードバックをし、さらにより良くするための改善点を話し合い、実際の生活場面で行うチャレンジ課題を設定して、次回のSSTで報告するという方法によって、社会生活に適応するための技術を習得する訓練技法です。
  • 3 誤り。ブリーフセラピーは、効率的、効果的な短期療法のことです。問題の原因に焦点を当てるのではなく、現在ここで何が起きているかを重視します。代表的なものとして、解決志向アプローチをあげることができます。解決志向アプローチとは、問題の中で、すでに解決している部分としての例外探し、うまくいっていることを続ける、これまでとは違う何かを行うことなどにより、問題だけに目を留めるという悪循環から、解決に向けてよい循環をつくりだしていこうとする治療法です。
  • 4 誤り。来談者中心療法とは、カール・ロジャーズによって提唱されたクライエントを中心とした療法で、クライエント自身が成長することができる自律性、自立性をもっていると考え、治療者の共感的理解、純粋性(自己一致)、無条件の肯定的(積極的)関心によって、その成長を促す療法です。カウンセラーは、クライエントを批判的な目で裁いたりすることなく共感的に理解し、積極的にクライエントントに関心をもち、クライエントをありのまま受け入れることを通して、クライエント自身が自分自身の課題に気づき、自分自身で解決していくことができるようになると考える療法です。
  • 5 誤り。動機付け面接とは、問題解決に向けての、クライエントの自律性を引き出し尊重する面接です。心理療法を行っていく中で、クライエント自身が、症状の改善を拒み抵抗する現象が起こることがあります。これは、自分で認めたくない抑圧された感情を意識し直面しなければならないことに対する、恐れから生まれると考えられます。これらの感情に対し、クライエントの変わりたいという方向性を引き出し、より良い将来を描き、それを達成しようとする動機が強められるように援助する面接法です。

 いかがでしたか。「心理学と心理的支援」では、欲求と動機づけ、感覚・知覚・認知、学習や記憶、人格類型、集団や心理効果、適応、発達の概念、ストレス、心理検査等も幅広く学習しておきましょう。では、「社会理論と社会システム」に入っていきましょう。今回は、コミュニティ論について取り上げていきたいと思います。