メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第26回 精神障害者の生活支援システム

 皆さんこんにちは。学習は順調に進んでいますか。受験申込書の受付期限は、10月5日(金)消印有効です。手続きがまだの方は、なるべく早めに済ませておきましょう。

 今回の「精神障害者の生活支援システム」は、精神障害者の概念、精神障害者の生活の実態、精神障害者の生活と人権、居住支援、就労支援、地域における精神障害者の生活を支援するシステム、市町村における相談援助等が出題範囲になっています。

 実際に地域で生活する精神障害者に必要な制度を具体的に想定しながら、学習していきましょう。では最初に、前回の課題の解説をしておきましょう。

第20回精神保健福祉士国家試験 「精神保健福祉に関する制度とサービス」

問題66 更生保護の担い手に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びさい。

  • 1 更生保護施設は、自立に向けた就労支援を行っている。
  • 2 地域生活定着支援センターは、刑務所出所後の帰住先のない高齢者や障害者を対象とした入所施設である。
  • 3 更生保護女性会は、刑務所出所者に無料の職業紹介を行う団体である。
  • 4 BBS会は、高齢の刑務所出所者を支援する団体である。
  • 5 保護司は、総務大臣により委嘱される。

正答 1

解答解説

  • 1 正しい。更生保護施設は、公共職業安定所(ハローワーク)の職業指導員と連携して、就労支援チームを組み、就労支援を行っています。法務省と厚生労働省との連携による「刑務所出所者等就労支援事業」として、矯正施設入所者に対しては、公共職業安定所職員による職業相談、職業紹介、職業講話等を実施し、保護観察対象者等に対しては、公共職業安定所において、担当者制による職業相談・職業紹介を行います。
  • 2 誤り。地域生活定着支援センターは、入所施設ではなく、相談機関です。矯正施設等を出所した後の、福祉的支援を必要とする高齢者や障害等を、福祉的支援につなげるためのセンターです。実施主体は都道府県ですが、適切な社会福祉法人等に委託することができます。高齢者や障害等が刑務所などに入所中から、帰住地調整を行うコーディネートとして「帰住地調整支援」、社会福祉施設入所後の定着のためのフォローアップとして「福祉施設定着支援」、退所後の福祉サービス等についての相談支援業務として「地域定着支援」を行います。
  • 3 誤り。更生保護女性会は、保護観察を受けている人に対する処遇の一環として行われている「社会貢献活動」や「就労支援活動」など、保護観察所、保護司と連携し、保護観察処遇への協力のための活動を行う、民間の団体です。犯罪予防の活動として「社会を明るくする運動」、更生保護施設での食事作り、花活け、諸行事への参加交流や、刑務所や少年院等の訪問、薬物乱用防止教室の開催等を行っています。
  • 4 誤り。BBS会は、Big Brothers and Sisters Movementのことで、非行少年等に、「兄」や「姉」のような立場で、学習支援を行ったり、相談相手になり少年の立ち直りや自立を支援し、非行防止活動を行う、青年ボランティア団体です。保護観察所と協力し、少年たちとともに社会奉仕活動などのさまざまな活動に参加して社会の役に立つことを体験できるような援助やスポーツやレクリエーションなどで心を開くきっかけを与えるための活動等を行っています。
  • 5 誤り。保護司は、保護観察所の長が推薦し、法務大臣によって委嘱されます。民間のボランティアで、任期は2年で再任が可能です。給与は支給されず、必要経費のみ支給されます。保護司は、保護観察官で十分でないところを補助しながら、犯罪者及び非行少年の改善更生、犯罪予防活動、民間団体の活動への協力等を行います。

問題67 保護観察所に関する次の記述のうち、正しいもの2つ選びさい。

  • 1 市町村に1か所設置されている。
  • 2 業務に恩赦の上申が含まれている。
  • 3 厚生労働省により設置されている。
  • 4 業務に犯罪予防活動が含まれている。
  • 5 精神保健参与員が配置されている。

正答 2

解答解説

  • 1 誤り。保護観察所は、法務省の地方支分部局として、全国に50か所設置されています。保護観察所は、保護観察の実施機関として位置づけられており、保護観察官が配置されています。このほか法務省の地方支分部局としては、地方更生保護委員会が全国に8か所設置されており、仮釈放者、仮退院者等の申し出の審理、許可や処分の取り消し等の決定を行っています。
  • 2 正しい。保護観察所の業務として、保護観察の実施、生活環境の調整、更生緊急保護、個別恩赦の上申、犯罪予防活動等があります。個別恩赦とは、検察官、刑事施設の長、保護観察所の長が、職権により、あるいは本人による出願に基づいて、中央更生保護委員会に個別恩赦の出願をし、中央更生保護審査会が審査したうえで、復権や特赦、刑の執行の免除が認められるものです。
  • 3 誤り。保護観察所は、法務省により設置されている地方支分部局という位置づけにあります。
  • 4 正しい。保護観察所は業務として、保護観察の実施、生活環境の調整、更生緊急保護、個別恩赦の上申、犯罪予防活動等を行っています。保護司や更生保護女性会の協力を得て、国民が犯罪防止・犯罪者の矯正や更生保護について正しい理解を深め、進んでこれらの活動に対する協力を呼び掛ける「社会を明るくする運動」等を行っています。
  • 5 誤り。保護観察所には、保護観察官が配置されています。保護観察官は地方更生保護委員会と保護観察所に配置されており、保護観察の実施、生活環境の調整、更生緊急保護、犯罪予防活動、恩赦の上申等を行っています。精神保健参与員は、「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律(医療観察法)」に基づいて、地方裁判所における審判において、精神障害者の保健福祉に関する、専門的知識・技術を有する者として、意見を述べることができる者です。厚生労働省に登録された名簿から、事件ごとに地方裁判所が選任する、非常勤の地方裁判所の特別職の職員です。

 いかがでしたか。「精神保健福祉に関する制度サービス」では、障害者総合支援法をはじめ、精神障害者関連法と諸制度について幅広く学習しておきましょう。では、今回の「精神障害者の生活支援システム」に入っていきましょう。今回は、精神障害者の生活支援の理念と実際について取り上げていきたいと思います。