メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第43回 直前の⼼得② 「試験前日の過ごし⽅と当⽇の⼼構え」

皆さん、こんにちは。いよいよ本試験直前になりましたね。不安と緊張でいっぱいだと思います。今回は、試験直前の過ごし方と試験当日の心構え、留意点についてお話していきます。

平常心で

精神保健福祉士国家試験は予定通り、2月3日(土)の専門科目、2月4日(日)の共通科目と実施されることになっています。自分に自信をもって平常心で最高のパフォーマンスができるよう備えていきましょう。

持ち物の準備

受験票、筆記用具等の必要な物をもう一度確認しておきましょう。

試験会場で目を通すことのできる総まとめの資料を1つ用意すると、試験までの時間を有効に使えるでしょう。あれもこれもと持って行きたくなるでしょうが、あまり分厚い本を持っていても試験前に全部目を通す時間はありません。むしろ、暗記用にまとめた手軽なもののほうがよいでしょう。

寒さ対策

新型コロナが第5類になったとはいえ、ある程度間隔をあけて座ることになるでしょう。また、開始時と昼休みには換気が行われることになっていますから、寒さ対策はしっかりしておきましょう。なるべく暖かい服装をして、カイロを活用することをおすすめします。また、ひざ掛けになるような上着が一枚あるとよいでしょう。

温かい飲み物も、体全体を温め、精神的にもリラックスできますから準備しておくとよいでしょう。

エネルギーの補給

試験を受けるのはとてもエネルギーを使います。大脳の働きには、甘いものが有効で、エネルギーの補給にもなります。チョコレートや、空気の乾燥やのどの痛み対策としてのど飴などがあると安心できるでしょう。ナッツやドライフルーツ類もエネルギー源としてはおすすめです。

前日の心得

試験前日はゆっくりと過ごしてください。心配で資料を見直し始めると、すべて見直さなければ気が済まなくなり、睡眠不足になるおそれがあります。資料はざっと見直す程度にして、いつもより早めに就寝するようにしましょう

試験本番では、長時間集中力を維持し、全力を出し切らなければなりません。そのためにも睡眠は十分とっておくことをおすすめします。

緊張してすぐ眠りにつけなくても、横になって目を閉じるだけで次の日の体力の備えになります。なかなか寝つけないときは、自分がリラックスできる音楽を聴いたり、自然の風景やイメージを思い浮かべたりしながら深呼吸をしていくと、眠りやすいでしょう。

当日の食事

当日の食事は、胃がもたれるものより、消化のよいものを食べるのがよいでしょう。

試験会場の近辺のコンビニは混雑し、品数が不足しすぐ売り切れてしまうおそれがあります。飲み物は、家でポットに入れていくか、あらかじめ自分の家の近くのお店で買っておくことをおすすめします。

周りを気にしない

会場に着くと、受験生の多さに圧倒されて周りの人が全員、自分より頭がよく見えてくるものです。実は、ほかの人たちも同じように感じています。席に着いたら周りに気をとられず、資料を見たりして気持ちを集中させていきましょう

ストレッチと深呼吸

当日は、緊張して身体の筋肉が硬くなっているかもしれません。周りの迷惑にならない程度に簡単なストレッチをしておきましょう。また、深呼吸をすると、血液の循環をよくなり、落ち着くことができるでしょう。

アクシデント対策

もし試験中に、何らかのアクシデントや困ったことが起きたら、遠慮せずに手を上げて試験官に合図をし、希望を伝えたり、指示を受けたりしましょう。

問題だけに集中

試験が始まると、周りの人がページをめくる音が聞こえてきます。自分より早く問題を進めている人がいると気になり、焦ってしまうかもしれません。しかし、試験が開始したら周りのことは気にせず、問題だけに集中しましょう。時間内に正確に解答できれば合格できますから、問題を解くスピードを人と比較する必要はありません。

時間配分

問題を解くときは時間配分に気をつけましょう。難問に時間をとられ、できるはずの問題を解けなかったということのないように、見直す時間も確保しておきましょう。

科目によって難易度にばらつきがあります。全科目に得点することと、基本的な問題は確実に正解することが合格の秘訣です。

難問に惑わされない

試験では難問と呼ばれる問題もあります。そういう問題にはとらわれないで、できる問題を確実に点にしていきましょう。聞いたことのない人物名や薬の名前等が出てくると焦ってしまうかもしれませんが、落ち着いて問題全体を読むと、基礎的な知識で応えられるヒントが隠れています。

特に、2日目の共通科目は苦手意識をもっている方が多いと思います。わからない問題は印をつけてわかる範囲で解答し、あとで見直すという方法をとるとよいでしょう。

問題の意図を的確に把握し、スピードと確実性の両面に気をつけて、今までの努力の成果を十分に発揮してください。

ケアレスミスをなくす

試験では、実力があるのに緊張のあまり思ってもいないようなケアレスミスをしてしまうおそれがあります。ケアレスミスをなくすためには、落ち着いて問題文を読み、問題で問われていることを的確に把握して解答を導き出すことが大切になります

問題には必ずテーマがあり、そのテーマについて正確な知識があるかを問われるので、そのテーマをしっかりと把握すれば、問題の意図を素早く見抜くことができます。問題文のキーワードにアンダーラインを引いてポイントを整理すると、勘違いや不注意によるミスを極力なくすことができるでしょう。

「選択肢2つを選びなさいという問題文を見逃してしまい、1つしか選ばなかった」という声をよく聞きます。「2つ」という問題文には鉛筆で印をして、間違えないようにしましょう。

見直しで気をつけること

もし見直す時間があれば、もう一度確認することも有効です。ただ、見直しで気をつけたいことは、見直して書き直した解答が間違えていて、最初に書いた解答が正解だったという場合が多いということです。迷ったときは案外、最初の勘で答えたほうが正解であることが多いのです。

できる問題を不注意によって落とすことのないように、落ち着いて着実に解答を導き出すようにしましょう。マークシートの塗りつぶす番号がずれないように、鉛筆や紙を当てるとよいでしょう。

最後まで落ち着いて

試験開始から一定の時間が経つと試験会場から退出することが許されているので、早く退出する人がいます。

「自分はまだ全部解き終わっていないのに」と焦ってしまうかもしれません。しかし。決められた時間内に解けばよいのですから、チャイムが鳴るまで1秒もムダにせずにしっかりと取り組みましょう

気持ちの切り替え

1日目の専門科目が終わったら素早く気持ちを切り替えて、次の日の共通科目の試験に備えましょう

専門科目の結果が気になると思いますが、それにひきずられないように、答え合わせはせず、早めに就寝し、体力と気力を十分に蓄えましょう。

今までの努力を信じよう

いかがでしたか。本試験は、今までの努力の集大成になります。努力は必ず結果を生みます。今までの自分の頑張りを信じて自信をもって臨んでください。学習の成果を最大限に発揮して合格を勝ち取れるよう、皆さんのご健闘を心から応援しています。

次回は、本試験の出題内容について分析をしていきます。
頑張ってください!心から応援しています!


受験対策WEB講座、好評配信中!

もっと問題を解きたい人は受験対策アプリ!

精神保健福祉士合格アプリ2024 過去問+模擬問

精神保健福祉士合格アプリ2024 過去問+模擬問

来年の受験対策アプリはこれ!【過去問】発売中!

【模擬問】6月リリース予定!

  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。

中央法規メルマガ会員 募集中!

メルマガ

「精神保健福祉士」業務に役立つ新刊情報やオンラインイベント情報等を、いち早くお届けします! この機会にぜひお申し込みください。

followme