メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

今週の穴埋め問題

今週の穴埋め問題(08月19日)

精神疾患とその治療

三環系抗うつ薬の副作用である 抗コリン作用 では、口渇や便秘などの副作用が起きる。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)では、 抗コリン作用 はほとんど起きないが、 眠気 や嘔気などの副作用は見られる。

抗うつ薬の投与初期や用量変更時に、不安、焦燥、衝動性などの症状、自傷や自殺などの行動が出現する 賦活症候群(アクチベーション・シンドローム) が生じる場合がある。

精神保健の課題と支援

「平成29年度公立学校教職員の人事行政状況調査について」(文部科学省)によると、教育職員の精神疾患による病気休職者数は、前年度(平成28年度)よりは増加したものの、平成19年度以降 5,000人 前後で推移している。

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

精神保健福祉士合格アプリ2020

精神保健福祉士合格アプリ2020
過去問+模擬問

毎年大好評の精神保健福祉士受験対策アプリの最新版!
多彩な問題で試験対策は万全!
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。