メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

今週の穴埋め問題

今週の穴埋め問題(10月12日)

精神保健福祉相談援助の基盤

 クライエントの権利侵害が予期される場合に、支援者が権利擁護を目的に介入することを ケース アドボカシーという。一方、クライエントが自らの権利を守るために、自ら主張・行動していくことを セルフ アドボカシーという。また、同様のニーズを持つ特定の集団に対する権利擁護を目的として行われる社会制度や政策の変革を目指す活動は クラス アドボカシーという。

精神保健福祉の理論と相談援助の展開

 精神保健福祉士は、グループワークにおいてメンバーの参加する権利を守るために、他のメンバーの参加を脅かすような言動やグループの規範を逸脱する行為するメンバーに対しては 制限 を行う。

 グループワークでは、精神保健福祉士は グループ を対象としながらも、 個々のメンバー のニーズや課題に焦点をあてて支援を行う。

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

精神保健福祉士合格アプリ2019

精神保健福祉士合格アプリ2019
過去問題+模擬問題

毎年大好評の精神保健福祉士受験対策アプリの最新版!
多彩な問題で試験対策は万全!
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。