メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

石橋先生の受験対策講座

石橋 亮一(いしばし りょういち)

忙しい日々の中で効率よく勉強するにはどうしたら?とお悩みのあなたに、ぴったりのガイド役となるのがこのコーナーです。介護の現場にも詳しい石橋亮一先生が受験勉強のポイントを講義します。

プロフィール石橋 亮一(いしばし りょういち)

介護福祉士/社会福祉士/介護支援専門員
社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センター、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービス、居宅介護支援事業等に従事。その後、地域や学校、介護サービス事業者・施設の研修講師・アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員、特別養護老人ホームの施設長等に携わる。介護福祉士や社会福祉士、介護支援専門員などの受験対策講座も数多く行っている。『福祉現場のための感染症対策入門』(中央法規出版)も執筆。

第44回 第34回介護福祉士国家試験・筆記試験を振り返って(前半)

 こんにちは。昨年4月から今年1月まで、筆記試験の受験勉強をご一緒させていただいた石橋です。受験された皆さんにおかれましては、本当にお疲れさまでした。結果はいかがでしたでしょうか。
 全体の内容として、「社会の理解」をはじめ、例年に比べて難しく感じる科目があったかもしれません。また、近年は、実務・実践的な表記での設問が増えており、今回も、現場で出会う利用者などについて、細かく作り込まれた事例問題が複数出題されました。その上で、介護の仕事に必要な、知識、技術、理念について、一通り出題されたという印象です。
 今回と次回の2回にわたり、筆記試験を振り返ってみようと思います。受験した方、これから受験する方、各々の立場で参考にしてください。今回は、「午前」の問題です。なお、解答案については、こちらをご覧ください(社会福祉振興・試験センターによる正式な解答の発表は3月25日予定です)。

人間の尊厳と自立

 人間の尊厳とは、「人間が生きている存在として、その生命や生活が、尊く厳かで、侵してはならない価値のあるもの」ということです。また、自立とは、「援助を受けていてもいなくても、自らの生活を、自己選択、自己決定、自己責任の原則で管理していること」をいいます。介護福祉職は、介護が必要な利用者の、尊厳を保持し、自立を支援する役割です。ミルトン・メイヤロフ著『ケアの本質-生きることの意味』は、そのような理念などを示唆するものとして、介護に関わる者にとって一読の価値がある書籍です。
 また、事例問題は、利用者の尊厳を損なう虐待に対して、高齢者虐待防止法に基づき、市町村に通報することを適切とした設問でした。

人間関係とコミュニケーション

 コミュニケーションとは、「複数の人間が、意思や感情、情報などの伝達を行い、互いに理解を深めてわかり合うこと」とされています。本科目では例年、利用者やその家族との良好な人間関係を築くために必要な、対人サービスにおけるコミュニケーションの基本について問われます。今回は、「お母さんのために頑張ってきたんですね」と、介護する家族の苦労をねぎらい、共感することを適切とする事例問題や、利用者との信頼関係を形成するために行う自己開示について、出題されました。

社会の理解

 本科目では、まず、介護や育児など生活上のニーズ(生活課題)に携わり、支える、家族や世帯、地域などの社会の状況について出題されます。近年の世帯の状況としては、「世帯数で最も多いのは2人世帯」となっています。また、「高齢世代を支える現役世代(生産年齢人口)は、減少傾向にある」のですね。そのような中、今日、地域共生社会の実現に向けて、「我が事・丸ごとの地域づくり」が推進されています。
 次に、生活課題に対して、税金(公費)や保険料を投入して解決を図る、社会保障制度について出題されます。例年、出題頻度が最も高いのは、社会保険の1つである介護保険制度です。今回は、保険給付の財源構成(公費、第1号被保険者・第2号被保険者の保険料)について出題されました。また、「介護の基本」では、サービス担当者会議(会議の招集は介護支援専門員〔ケアマネジャー〕の職務)について出題されました。
 出題頻度の高いものには、障害者総合支援法もあります。今回は、安心して一人暮らしをするために利用するサービス(自立生活援助)や、外出時における移動中の介護も含まれる重度訪問介護について、出題されました。また、「障害の理解」では、地域の実情に応じた支援体制の整備について協議を行う協議会や、障害者が障害福祉サービスを利用するために相談支援専門員が作成するサービス等利用計画について、出題されました。
 なお、公的扶助の生活保護制度に関して、給付方法には、金銭給付と現物給付があることを、知っているとよいでしょう。

介護の基本

 利用者の生活を全体観でとらえるICF(国際生活機能分類)は、出題頻度の高い事柄ですが、正答できましたでしょうか。今回は、参加制約(地域住民と交流ができていない)の原因となっている環境因子(自宅周辺の坂道や段差)を読み取る事例問題でした。
 介護サービスの理解として、今回出題されたフォーマルサービスには、介護福祉職が従事する介護保険制度や障害者総合支援法などに基づいたサービスに加えて、介護の相談を受ける地域包括支援センターも含まれます。
 他には、利用者主体の考えに基づいた介護福祉職の対応(1人で衣服を選ぶことが難しい利用者には、毎日の衣服を自分で選べるような声かけをする)、自立支援(利用者の意見や希望を取り入れて介護を提供する)、介護福祉士の職業倫理(全ての人々が質の高い介護を受けることができるように、後継者を育成する)、施設における利用者の個人情報の安全管理対策(個人情報に関する苦情対応体制について、施設の掲示板等で利用者に周知徹底する)などについて、出題されました。また、リスクマネジメントの一環として、利用者や家族からハラスメントを受けたときの対応に関して出題されました。

コミュニケーション技術

 本科目では、利用者の老化や病気・障害の特徴、症状などに合わせたコミュニケーションについて出題されます。今回は、先天性の全盲や高次脳機能障害に関して、事例問題として出題されました。あわせて問われた家族介護者とのコミュニケーションについて、利用者本人との適切なコミュニケーションと同様の対応であることをふまえて、正解を導いていれば何よりです。
 また、本科目では、職員間のコミュニケーションについても出題されます。今回は、利用者の家族から苦情があったときの上司への報告(すぐに口頭で概要を報告してから、文書を作成して報告した)、利用者の自宅で行うケアカンファレンス(利用者本人の参加を促し、利用者の意向をケア方針に反映させる)について、出題されました。
 なお、介護福祉職が利用者とコミュニケーションをとるときの基本的な態度として、「上半身を少し利用者のほうへ傾けた姿勢で話を聞く」ことは、現場でも実践したいですね。

生活支援技術

 老化に伴う機能低下のある高齢者の住まい、胸髄損傷の利用者が1人で浴槽に入るための福祉用具、耳の清潔、歯ブラシを使用した口腔ケア、脳梗塞による右片麻痺がある利用者の上着の着脱の介護、経管栄養を行っている利用者への口腔ケア、スライディングボードを用いたベッドから車いすへの移乗の介護、利用者を仰臥位から側臥位へ体位変換するときの介護方法、視覚障害のある利用者の外出に同行するときの支援、嚥下障害がある利用者を介護する家族への助言、慢性腎不全の利用者の食材や調理方法、利用者の食事支援に関して介護福祉職が連携する職種、入浴・シャワー浴の介護、左片麻痺の利用者が浴槽内から一部介助で立ち上がる方法、入浴関連用具の使用方法、便秘の傾向がある高齢者に自然排便を促すための介護、認知機能の低下による機能性尿失禁がある利用者への対応、排泄物で汚れた衣類をタンスに隠してしまう認知症の利用者への対応、次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする衣類用漂白剤について、ズボンの裾上げの縫い目が表から目立たない手縫いの方法、心地よい睡眠環境を整備するためのベッドメイキング、夜勤のある施設職員が良質な睡眠をとるための生活習慣、死が極めて近い状態にある利用者の看取りに必要な情報、終末期の利用者の家族支援、死亡後の介護といった、老化や病気・障害の特徴、症状などに合わせた、身体介護技術を中心とした生活支援のための技術や知識などが、幅広く出題されました。多くの設問について、学校での学習・演習・実習や受験勉強、実務経験などを通して解答できたことと思います。
 今回再確認した技術などは、これからの仕事で改めて活かしていきましょう。

介護過程

 ケアプランに沿った個別援助計画を作り、計画に沿ったサービスを提供していく方法である介護過程に関して、情報収集(利用者の生活に対する思いを大切にしながら収集する)、アセスメントにより明確にする生活課題(利用者が望む生活を実現するために解決するべきこと)、目標の設定(短期目標は、長期目標の達成につながるように設定する)、介護計画における介護内容(介護するときの注意点についても記載する)といった、一連のプロセスとそのポイントについて出題されました。アセスメント再アセスメントなどに関する事例問題は、正答できましたでしょうか。また、介護過程を展開する意義として、チームアプローチによる介護を提供することができます。
 今後とも、一人ひとりの利用者に対して、介護過程をふまえた、計画に沿ったサービスを提供していきましょう。

 次回は、「午後」の問題について確認します。


中央法規メルマガ会員 募集中!

メルマガ

「介護福祉士」業務に役立つ新刊情報やオンラインイベント情報等を、いち早くお届けします! この機会にぜひお申し込みください。

followme

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。