メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

石橋先生の受験対策講座

石橋 亮一(いしばし りょういち)

忙しい日々の中で効率よく勉強するにはどうしたら?とお悩みのあなたに、ぴったりのガイド役となるのがこのコーナーです。介護の現場にも詳しい石橋亮一先生が受験勉強のポイントを講義します。

プロフィール石橋 亮一(いしばし りょういち)

介護福祉士/社会福祉士/介護支援専門員
社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センター、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービス、居宅介護支援事業等に従事。その後、地域や学校、介護サービス事業者・施設の研修講師・アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員、特別養護老人ホームの施設長等に携わる。介護福祉士や社会福祉士、介護支援専門員などの受験対策講座も数多く行っている。

第45回 第33回介護福祉士国家試験・筆記試験を振り返って(後半)

 こんにちは。今回は、「午後」の問題を振り返ります。なお、解答については、こちらをご覧ください。

発達と老化の理解

 本科目は、介護の原因となる老化や、老いて患う病気・障害などの知識が問われます。今回は、高齢者の喪失体験と悲嘆(死別後の悲嘆からの回復には、喪失に対する心理的対処だけでなく生活の立て直しへの対処も必要である)、加齢による味覚の変化(濃い味を好むようになる)、意欲が低下した高齢者の動機づけ(本人が具体的に何をすべきかがわかると、動機づけが強まる)、高齢者の便秘(大腸がんは、器質性便秘の原因になる)、高齢者の転倒(服用する薬剤と転倒は、関連がある)、高齢者の糖尿病(若年者に比べて低血糖の自覚症状に乏しい)などについて、出題されました。

 少々難しく感じたかもしれませんが、受験勉強や実務経験などを踏まえて、1問でも多く、正答できていればと思います。また、他の科目ともに、本講座の第43回で助言した、「正しいもの(適切なもの)を1つ選べ」という問題形式に対して、「正しいもの(適切なもの)を1つ探すとともに、誤っているもの(適切でないもの)を4つ消す」ことで、正解を導くことができましたでしょうか。

 なお、「後期高齢者」とは、75歳以上を指すことを、知っておいてください。

認知症の理解

 うつ病による仮性認知症と比べて認知症に特徴的な事柄(判断障害がみられることが多い)、日本における認知症の原因のうち、アルツハイマー型認知症の次に多い疾患(血管性認知症)、クロイツフェルト・ヤコブ病(プリオン病である)、レビー小体型認知症(誤嚥性肺炎の合併が多い)、認知症の原因疾患を鑑別するときに、慢性硬膜下血腫の診断に有用な検査(頭部CT検査)、認知症に伴う注意障害(周囲から物音が聞こえてくると、食事を中断したままになる)といった、認知症の原因疾患別の特徴や、認知症に関する知識が、アルツハイマー型認知症の利用者(入所者)に関する事例問題とともに、出題されました。

 また、本科目では、前述以外にも、認知症に関連する様々な事柄が出題されます。今回は、認知症初期集中支援チーム(チーム員会議を開催してケア方針を決定する)や、アルツハイマー型認知症の有病率は、男性より女性が高いことについて、出題されました。

障害の理解

 上記2科目が、およそ介護保険制度の利用者を想定しているのに対して、本科目では、障害者総合支援法の利用者において、介護の原因となっている病気・障害などの知識が問われます。今回は、脊髄損傷による対麻痺(褥瘡が発生しやすい部位は、坐骨結節部)、脊髄の完全損傷で、プッシュアップが可能となる最上位のレベル(頸髄〔C7〕)、筋ジストロフィーの病態(筋線維に変性が生じる)、心臓機能障害(呼吸困難や息切れなどの症状がみられることが多い)について、出題されました。

 また、本科目では、前述以外にも、障害に関連する様々な事柄が出題されます。今回は、ICF(国際生活機能分類)の社会モデルに基づく障害のとらえ方(さまざまな環境との相互作用によって生じる)、リハビリテーション(語源は、「再び適したものにすること」である)、障害者虐待防止法の心理的虐待(著しい暴言、または著しく拒絶的な対応を行うこと)などについて、出題されました。

 障害に関して幅広く出題される科目ですが、何問くらい、正答できましたでしょうか。なお、「2016年(平成28年)生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)」(厚生労働省)における身体障害者手帳所持者の日常的な情報入手手段として、最も割合が高いものは、テレビ(70%以上)となっています。

こころとからだのしくみ

 こころとからだのしくみも、学習範囲が広く、難しく感じる科目です。今回は、こころのしくみからは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)(原因となった体験が繰り返し思い起こされる)について、出題されました。からだのしくみからは、健康な人の体温(体温調節中枢は視床下部にある)、義歯を使用したときの影響(話す言葉が明瞭になる)、1週間の安静臥床で筋力は何%程度低下するか(15%)、栄養素の働き(ナトリウム〔Na〕は、血圧の調節に関わる)、入浴(中温浴、38~41℃)の効果(腎臓の働きを促進する)、便秘の原因(長期臥床)、高齢者の睡眠の特徴(睡眠周期が不規則になる)、睡眠(レム睡眠のときに夢を見る)、死斑が出現し始める時間(死後20~30分)について、出題されました。

 また、前述の他、摂食・嚥下のプロセスや、尿失禁に関する事例問題が出題されました。

 本科目は例年、「発達と老化の理解」や「生活支援技術」など、他の科目で学んだ事柄を組み込んだ出題が見られます。テキスト(受験参考書)や過去問題集、「けあサポ」などでの学習と、実務経験とを結びつけながら、1問でも多く正解にたどりついていればと思います。

医療的ケア

 第29回から始まり5回目の出題となった本科目は、いかがでしたでしょうか。

 介護福祉職が経管栄養を実施するときに、注入量を指示する者は、「医師」。気管粘膜のせん毛運動は、「痰を口腔の方へ移動させる」。介護福祉職が実施する喀痰吸引で、口腔内と気管カニューレ内部の吸引に関して、「気管カニューレ内部の吸引では、滅菌された洗浄水を使用する」。経管栄養を始めてから下肢の筋力が低下して、介助を受けながらトイレへは歩いて行っている利用者に対して、「経管栄養を行っていないときの歩行運動を勧める」。経管栄養の実施に関して、「経管栄養の準備は、石鹸と流水で丁寧に手を洗ってから行う」といった、医療との密な連携を必須とした、医療的ケアにかかる知識や技術、留意点などについて、テキスト(受験参考書)などによる学習や、実務者研修等での演習などを思い起こしながら、冷静に正解を導いてくださっていれば何よりです。

総合問題

 在宅あるいは施設で生活する利用者に関する4つの事例について、12科目の学習や、実務経験で身につけた知識、技術、理念などを踏まえて、正答できましたでしょうか。

 今回は、事例を通して、変形性膝関節症、認知症・角化型疥癬、自閉症スペクトラム障害(強度行動障害)、頸髄損傷の特徴や症状と、その介護等に関する知識や技術などが、出題されました。あわせて、障害者総合支援法の仕組み(障害支援区分の認定を受けるために、市町村の窓口に申請する)や、適用されるサービス(行動援護)などについても、出題されました。

 変形性膝関節症に関する設問で、フレイル(虚弱)とは、健康な状態と要介護状態の中間に位置し、心身機能の低下が見られる病態で、介護予防の視点で支援する必要があるものです。また、杖を初めて使用する高齢者には、3動作歩行(杖〔左手で持つ〕を出す→右足を出す→左足を出す)が適切といえます。

 ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

 受験において、結果は確かに大事ですが、現場の仕事をわかりやすく、おもしろく、やりがいをもって続けていくために、受験を通して積み重ねた学びを、活かされることを願ってやみません。

 これからも一緒に取り組んでいきましょう。