メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

石橋先生の受験対策講座

石橋 亮一(いしばし りょういち)

忙しい日々の中で効率よく勉強するにはどうしたら?とお悩みのあなたに、ぴったりのガイド役となるのがこのコーナーです。介護の現場にも詳しい石橋亮一先生が受験勉強のポイントを講義します。

プロフィール石橋 亮一(いしばし りょういち)

介護福祉士/社会福祉士/介護支援専門員
社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センター、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービス、居宅介護支援事業等に従事。その後、地域や学校、介護サービス事業者・施設の研修講師・アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員、特別養護老人ホームの施設長等に携わる。介護福祉士や社会福祉士、介護支援専門員などの受験対策講座も数多く行っている。

第44回 第32回介護福祉士国家試験・筆記試験を振り返って(前半)

 こんにちは。昨年4月から今年1月まで、筆記試験の受験勉強をご一緒させていただいた石橋です。受験された皆さんにおかれましては、本当にお疲れさまでした。結果はいかがでしたでしょうか。
 全体の内容は、難解なものもありましたが、少々難易度が高かった前回(第31回)を除き、第25回以降の過去6回と、同じくらいの難易度と感じました。いずれの科目も、介護の仕事に必要な知識、技術、理念について、一通り出題されたという印象です。
 今回と次回の2回にわたり、筆記試験を振り返ってみようと思います。受験した方、これから受験する方、各々の立場で参考にしてください。今回は、「午前」の問題です。なお、解答については、こちらをご覧ください。

人間の尊厳と自立

 人間の尊厳とは、「人間が生きている存在として、その生命や生活が、尊く厳かで、侵してはならない価値のあるもの」ということです。また、自立とは、「援助を受けていようといなくても、自らの生活を、自己選択、自己決定、自己責任の原則で管理していること」をいいます。介護福祉職は、介護が必要な利用者の、尊厳を保持し、自立を支援する役割です。そのような視点で、冒頭の事例問題を正答できていればと思います。
 また、認知症などにより、自己決定などが難しい利用者には、アドボカシー(利用者の意思を代弁すること)も大切となります。

人間関係とコミュニケーション

 コミュニケーションとは、「複数の人間が意思や感情、情報などの伝達を行い、互いに理解を深めてわかり合うこと」とされています。そのためのコミュニケーションにおける配慮として、「相手(利用者)と視線が合わせられる位置で話す」ことがあります。本科目では例年、このような、対人サービスにおけるコミュニケーションの基本について問われます。
 また、利用者を理解する以前に必要な、自己覚知(介護福祉職が、「自己の感情の動きとその背景を洞察する」ことなどにより、自分自身を理解し、感情や態度を意識的にコントロールして、感情的な反応を示さないようにすること)について、出題されました。

社会の理解

 本科目では、まず、育児や介護など生活上のニーズ(生活課題)に携わり、支える、家族や地域について、出題されます。今日、地域包括ケアシステムの構築を進めるなか、様々な生活課題を、自助(自分で課題を解決する)、互助(家族や近隣住民同士で支え、解決し合う)、共助(社会保険のように制度化された相互扶助)、公助(自助・互助・共助では対応できない生活困窮等に対応する)の連携によって解決する取り組みが求められています。
 次に、共助や公助を含む社会保障制度について、出題されます。出題頻度が最も高いのは、社会保険の1つである「介護保険制度」です。今回は、被保険者(第1号被保険者は65歳以上の者)、介護予防・日常生活支援総合事業(第1号訪問事業〔訪問型サービス〕を含む)、2018(平成30)年度に創設された共生型サービス(通所介護〔デイサービス〕が対象)について、出題されました。
 出題頻度の高いものには、「障害者総合支援法」もあります。今回は、障害福祉計画(厚生労働大臣が定める基本的な指針に即して策定)、支給申請先(居住する市町村の担当窓口)について、出題されました。
 また、公助に相当する生活保護法は、補足性の原理により、資産・能力等を活用した上で保護を行います。これら社会保障の財政において、国の一般会計予算に占める社会保障関係費の割合は、30%を超えているのですね。

介護の基本

 利用者の尊厳の保持や自立支援、ノーマライゼーションなどの理念に基づいた事例問題や、ICF(国際生活機能分類)に関する事例的な問題は、正答できましたでしょうか。
 また、今回は、介護サービスの理解(認知症対応型共同生活介護〔グループホーム〕では、利用者の、なじみのある人や店との関係は継続していく)、多職種連携(利用者のケアの方向性に関する情報を共有して、課題の解決に取り組む)、職業倫理(個人情報の取り扱いについて、利用者に説明して同意を得た)、リスクマネジメント(高齢者の家庭内事故の発生割合が最も高い場所〔屋内〕は、居室。MRSAの保菌者が確認されたときは、接触感染予防策を実施)などについて、出題されました。

コミュニケーション技術

 本科目では、利用者の老化や病気・障害の特徴、症状などに合わせたコミュニケーションについて、出題されます。今回は、意欲が低下した人、構音障害のある利用者、視覚障害者、知的障害を伴う自閉症の利用者とその家族、認知症の入居者に関して、出題されました。
 また、本科目では、職員間のコミュニケーションについても、出題されます。今回は、事例問題を通して、客観的事実を表す介護記録について、出題されました。
 なお、コミュニケーション技術の1つである直面化とは、「利用者の感情と行動の矛盾点を指摘する」ことです。

生活支援技術

 一戸建ての住宅に暮らす利用者の地震対策、介護保険の給付対象となる住宅改修、高次脳機能障害による着衣失行のある人に対する着衣の介護、更衣のための介護(用具)、身じたくに関する専門職の役割、ベッドから車いすへの移乗介護、右片麻痺の利用者が手すりを利用して階段を昇降するときの介護、いすに座って食事をする利用者の姿勢を確保する介護、高齢者の食生活に関する助言、左半側空間無視のある利用者の食事介護、清拭の介護、利用者の状態に応じた入浴の介護、右片麻痺のある利用者がベッドサイドでポータブルトイレを使用するときの設置場所、膀胱留置カテーテルを使用している利用者への対応、解熱を目的にした座薬の挿入、食中毒の原因菌、ノロウイルスに感染した人の嘔吐物のついた衣服の処理、眠れないと訴える高齢者への助言、施設における安眠を促すための環境、睡眠薬を服用している高齢者への対応、高齢者施設において介護福祉職が行う死亡後の介護など、老化や病気・障害の特徴、症状などに合わせた、身体介護技術を中心とした生活支援のための技術や知識が、例年どおり幅広く出題されました。多くの設問について、現場経験などを通して解答できたことと思います。
 今回再確認した技術は、これからの仕事で改めて活かしていきましょう。

介護過程

 「利用者の望んでいる、よりよい生活を実現する」ことを目的とする介護過程に関して、介護計画の作成(抽出されたニーズを踏まえて目標を設定する)、介護計画の実施(実施した状況は客観的に記録する)など、一連のプロセスとそのポイントについて、出題されました。介護過程の展開(再アセスメント)や短期目標、情報の解釈や優先して取り組むべき課題に関する事例問題は、正答できましたでしょうか。
 今後とも、介護過程を踏まえた計画に沿ったサービスを提供していきましょう。

 次回は、「午後」の問題について確認します。