メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

馬淵先生のケアマネジャー受験対策講座

ケアマネジャー試験で出題される介護支援分野、保健医療サービスの知識等、福祉サービスの知識等の3分野の中から厳選した〈必ず知っておきたいテーマ〉を解説しています。 講師はケアマネ試験対策のプロ・馬淵敦士先生。いっしょに合格を目指しましょう!

特集③ 夏の勉強法 社会 精神 介護 ケアマネ

介護技術の展開

 介護技術の展開は、毎回2~3問の出題がみられます。介護技術そのものよりも、キーワードに関する知識を問う問題が多いです。ここでは出題の可能性が高いと考えられる「食事」「排泄」「睡眠」について、それぞれのキーワードをもとにお話しします。

目次

食事

食事のキーワードは「嚥下」

 食事をするとき、私たちは食べ物を見て、口に入れ、かみ砕き、飲み込むという動作を行っています。これを「摂食・嚥下プロセス」と呼びます。ここでは、摂食・嚥下プロセスについて確認しておきましょう。

①先行期(認知期)
視覚や嗅覚で食べ物であることを理解する。

②準備期
唇や歯を使って食べ物を口に入れてから、かみ砕き、飲み込みやすい形にする。

③口腔期
食べ物が喉(咽頭)に運ばれる。

④咽頭期
咽頭に来た食べ物が食道に送り込まれる(嚥下反射)。

⑤食道期
食道に入った食べ物が逆流しないように食道の入口を塞ぐ。

高齢になると反射が減退する

 摂食・嚥下プロセスでは、無意識に起こる反応があります。それは反射です。食事に関係する反射をみておきましょう。

嚥下反射
喉には気道と食道の2本の通り道があり、食べ物を飲み込む際、気道に入らないように気道に蓋をする。

咳反射
気道に食べ物が入ってしまった(誤嚥した)ときに、それを追い出そうとして咳が出る。

 咳反射は、私たちも経験する「むせる」という状態で発生します。食べ物が気道に入ってくると、それを追い出そうとする現象が「咳反射」です。反射は命を守るための動作ですので、この咳はどれだけ頑張っても止めることができません。

 しかし、高齢者は、咳反射が減退(もしくは消失)しています。そのため、食べ物が気道から肺に侵入し、細菌が繁殖して誤嚥性肺炎を起こしやすくなるのです。この流れも理解しておきましょう。

【これだけは!】食事

摂食・嚥下は先行期(認知期)、準備期、口腔期、咽頭期、食道期の5段階で行われる。
誤嚥性肺炎は反射の減退で起こる。

排泄

排泄のキーワードは「失禁」

 排泄で覚えておきたいのは排泄障害です。なかでも「尿失禁」に関する出題が多いので、その種類についてまとめておきます。

①腹圧性尿失禁
咳やくしゃみをしたり、重い荷物を持ったりして、お腹に力が入る(腹圧がかかる)と漏れる。

②切迫性尿失禁
尿意が起こってから我慢ができずに漏れる。

③溢流性尿失禁
前立腺肥大などで、溜まった尿がダラダラと漏れる(出続ける)。

④機能性尿失禁
認知症や手足の麻痺などによって、適切な排尿行為ができずに漏れる。

 機能性尿失禁の「適切な排尿行為ができない」というのは、たとえば認知症でトイレの場所がわからず部屋の隅で排尿してしまう、トイレまで来たけれども手足の麻痺があってズボンが下ろせず漏れてしまう、などの状況を指します。

 それぞれの尿失禁でポイントとなるのは太字の部分です。ケアマネ試験では、それぞれの名称と特徴が結びつけられれば正解できるでしょう。

【これだけは!】排泄

尿失禁には腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、溢流性尿失禁、機能性尿失禁がある。

睡眠

睡眠のキーワードは「不眠」

 高齢者は睡眠についてトラブルが多いといわています。なかでも多いのが「不眠症」です。ここでは、不眠症の種類について覚えましょう。

①入眠困難
床についても、なかなか眠ることができない。

②中途覚醒
眠っている途中で目が覚め、その後に眠れなくなってしまう。

③早朝覚醒
朝早く目覚めてしまい、その後に眠れなくなってしまう。

④熟眠障害
睡眠時間はとれていても、眠りが浅く、すっきりと目覚めることができない。

 現場では、「不眠症への対応は、環境調整がベストであり、睡眠導入薬などはダメ」というイメージがあるかもしれません。しかし、睡眠薬の導入についても出題される可能性はあります。その場合、先ほどのイメージにとらわれると、正解が導き出せないおそれがあります。環境調整だけでは改善が難しく、あまりにも眠れない場合は、医師が睡眠導入薬を処方することもありますので、出題されたときは間違えないようにしましょう。

 このように、私たちが現場で培ったイメージに頼ってしまうと、試験では不正解になることがあります。特に、現場経験が長い方が陥りやすいようですので注意しましょう。

【これだけは!】睡眠

不眠症には入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害がある。

まとめ

 介護技術の展開は今回紹介したキーワードを必ず覚えておきましょう。年度によっては現場で実践する介護技術そのものについても出題されるため、保健医療サービス分野が苦手だと感じている介護職の受験生も点数をとるチャンスです。少し範囲は広いですが、覚えさえすれば確実に点数がとれる項目です。基本的知識をしっかりおさえましょう。

馬淵敦士(まぶち あつし)
ベストウェイケアアカデミー学校長。介護福祉士、ケアマネジャーの受験対策講座を各地で開催し、アカデミー受講者の合格率は全国合格率を大幅に上回る。『ケアマネジャー試験過去問解説集』(中央法規)の代表執筆を務める。

著書『書くべきことがよくわかる!介護記録の書き方』が好評発売中。


受験対策WEB講座が好評配信中!

ケアマネジャー受験対策WEB講座「ケアマネジャー試験ナビ2022」

第25回ケアマネ試験に向けてWEB講座で理解を深めよう!

スマホやタブレットを使って問題を解きたい人は受験対策アプリ!

ケアマネジャー合格アプリ2021 一問一答+模擬問+過去問

ケアマネジャー合格アプリ2022 過去問+問題集+一問一答

今年のケアマネ受験対策アプリはこれ!! 「ケアマネジャー合格アプリ2022」は【過去問】、【問題集】、【一問一答】を収録!!

  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
特集③ 社会 精神 介護 ケアマネ

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。

中央法規メルマガ会員 募集中!

メルマガ

「介護福祉士」業務に役立つ新刊情報やオンラインイベント情報等を、いち早くお届けします! この機会にぜひお申し込みください。

followme

【前の記事】

皮膚の疾患

【次の記事】

認知症