メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

馬淵先生のケアマネジャー受験対策講座

ケアマネジャー試験で出題される介護支援分野、保健医療サービスの知識等、福祉サービスの知識等の3分野の中から厳選した〈必ず知っておきたいテーマ〉を解説しています。 講師はケアマネ試験対策のプロ・馬淵敦士先生。いっしょに合格を目指しましょう!

特集③ 夏の勉強法 社会 精神 介護 ケアマネ

地域支援事業(介護予防・日常生活支援総合事業)

 ケアマネ試験攻略の1つの関門となる「地域支援事業」にいよいよ突入です。地域支援事業は苦手に感じている受験生が多いのではないでしょうか。しかし、ポイントさえ理解できれば本番で得点源にできる項目です。

 ここでは、地域支援事業を「介護予防・日常生活支援総合事業」と「包括的支援事業」に分けてお話しします。この2事業は必須事業ですので、ケアマネ試験でも頻出となっています。今回は、介護予防・日常生活支援総合事業のポイントを紹介します。

目次

地域支援事業の全体像

市町村が実施する

 地域支援事業の実施主体は市町村になります。介護保険制度には、「地域」という言葉がよく使われますが、その地域は「市町村」を指すことがほとんどです。

必須事業と任意事業に分けられる

 地域支援事業には、「介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」)」と「包括的支援事業」、そして「任意事業」があり、総合事業と包括的支援事業は各市町村が必ず実施しなければならない必須事業となっています。試験対策としては、この必須事業を覚えることが重要です。

 さて、地域支援事業の全体像を図にまとめました。まずはこの図を覚えましょう。地域支援事業が苦手だという受験生は、細かすぎる部分まで覚えようとしている傾向があります。地域支援事業を理解するときは、まずは大枠を捉えるのがポイントです。

 次にそれぞれの事業について理解を深めていきます。漢字が多くて名前も長いので、数字を活用します。次のように覚えます。

【これだけは!】地域支援事業の必須事業と数

  • *第1号事業は4つある
  • *一般介護予防事業は5つある
  • *包括的支援事業は8つあり、地域包括支援センター運営分と社会保障充実分がそれぞれ4つずつある

 地域支援事業の全体像を把握し、必須事業の構成と数を覚えましょう。

第1号事業の対象者と事業

対象者は3パターン

 第1号事業は、「介護予防・生活支援サービス事業」とも呼ばれます。まずはその対象者から覚えましょう。

第1号事業の対象者

  • ①要支援者
  • ②基本チェックリスト該当者
  • ③継続利用要介護者

 制度ができた当初は、①②のみが対象者でした。しかし、今まで要支援者として第1号事業を利用していた人が要介護者になった場合でも、引き続き第1号事業が使えることになり、③が追加されました。

第1号事業は4つある

 次に、事業の中身をみてみましょう。

  • ①第1号訪問事業
    身体介護、生活援助、保健師等による相談・指導、移動支援や移送前後の生活支援など
  • ②第1号通所事業
    通所による日常生活上の支援、機能訓練、自主的な通いの場づくりなど
  • ③第1号生活支援事業
    配食、見守りなど
  • ④第1号介護予防支援事業
    利用者に応じたケアマネジメントなど

 第1号事業は上記の4つです。簡単に内容を書きましたが、この内容が出題されることはほとんどありません。試験対策としては、第1号事業の数と名前を覚えておけばバッチリです。

【これだけは!】第1号事業

第1号事業は4つある。名称は正しく覚える。

一般介護予防事業の対象者と事業

対象は「すべての65歳以上の人」

 さて、第1号事業同様、一般介護予防事業の対象者を最初に確認しておきましょう。

一般介護予防事業の対象者

 ①すべての65歳以上の人(第1号被保険者)
 ②①の支援のための活動にかかわる人

一般介護予防事業は5つある

 次に、事業の中身をみてみましょう。一般介護予防事業は下記の5つです。

  • ①介護予防把握事業
    対象者等の把握・情報活用により介護予防活動へつなげていくなど
  • ②介護予防普及啓発事業
    体操教室や講演会の開催・介護予防手帳等の配布など
  • ③地域介護予防活動支援事業
    介護予防に関するボランティア等の人材育成・ボランティアへのポイントの付与など
  • ④一般介護予防事業評価事業
    総合事業全体の評価を行うなど
  • ⑤地域リハビリテーション活動支援事業
    住民や介護職員等への介護予防に関する技術的指導・ケアマネジメント支援など

 漢字ばかりで覚えにくいので、フルネームではなく、次のように短縮した形で覚えると頭に入りやすくなります。

①把握、②普及啓発、③地域活動支援、④評価、⑤リハ活動支援

 また、一般介護予防事業も深い内容まで出題されることは多くありません。第1号事業と同様、深みにはまらないことがポイントです。

【これだけは!】一般介護予防事業

一般介護予防事業は5つある。名称は短縮して覚える。

まとめ

 今回は覚え方のコツも合わせてお話ししました。何事も一気に到達するのは難しいことです。できるだけ小さな段階(スモールステップ)を作り、一つひとつ乗り越えることで、結果的に全体を理解できるようになってきます。スモールステップを作るには、今回お伝えしたように数字を活用するとよいでしょう。「○○は×つある」などを作っておけば、格段に覚えやすくなります。

 次回は包括的支援事業についてお話しします。無理せず、引き続きコツコツと進めていきましょう!

【復習】「地域支援事業の財源」についてはこちら

馬淵敦士(まぶち あつし)
ベストウェイケアアカデミー学校長。介護福祉士、ケアマネジャーの受験対策講座を各地で開催し、アカデミー受講者の合格率は全国合格率を大幅に上回る。『ケアマネジャー試験過去問解説集』(中央法規)の代表執筆を務める。


受験対策WEB講座が好評配信中!

ケアマネジャー受験対策WEB講座「ケアマネジャー試験ナビ2022」

第25回ケアマネ試験に向けてWEB講座で理解を深めよう!

スマホやタブレットを使って問題を解きたい人は受験対策アプリ!

ケアマネジャー合格アプリ2021 一問一答+模擬問+過去問

ケアマネジャー合格アプリ2022 過去問+問題集+一問一答

今年のケアマネ受験対策アプリはこれ!! 「ケアマネジャー合格アプリ2022」は【過去問】、【問題集】、【一問一答】を収録!!

  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
特集③ 社会 精神 介護 ケアマネ

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。

中央法規メルマガ会員 募集中!

メルマガ

「介護福祉士」業務に役立つ新刊情報やオンラインイベント情報等を、いち早くお届けします! この機会にぜひお申し込みください。

followme