メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

馬淵先生のケアマネジャー受験対策講座

ケアマネジャー試験で出題される介護支援分野、保健医療サービスの知識等、福祉サービスの知識等の3分野の中から厳選した〈必ず知っておきたいテーマ〉を解説しています。 講師はケアマネ試験対策のプロ・馬淵敦士先生。いっしょに合格を目指しましょう!

介護保険事業計画

 今回のテーマは「計画」です。介護保険制度は国の制度ですが、実際は市町村や都道府県が主体となっている事業が多いのです。

 国が決めた方向性を正しく反映させるために、市町村と都道府県ではそれぞれ計画を策定しなければなりません。そして、市町村と都道府県は国の基本指針にそって計画を作成していきます。キーワードは「定めるべき事項」です。

目次

基本指針

 厚生労働大臣は、医療介護総合確保推進法に規定する総合確保方針に即して、地域における医療および介護を総合的に確保するための基本指針を定めます。

市町村介護保険事業計画

保険給付の円滑な実施のために定める

 市町村介護保険事業計画は、保険者である市町村が基本指針に即して、3年を1期として作成します。計画に定める内容は多岐にわたりますが、ここでは「定めるべき事項」のみをご紹介します。

  • ①各年度の必要利用定員総数
    認知症対応型共同生活介護
    地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
    地域密着型特定施設入居者生活介護
  • ②各年度の「量」の見込み
    介護給付等対象サービス(種類ごと)
    地域支援事業
  • ③自立支援等施策に関する事項

 市町村介護保険事業計画で「定めるべき事項」については、以下を覚えておきましょう。

【これだけは!】市町村介護保険事業計画で定めるべき事項

市町村介護保険事業計画では、各年度の「必要利用定員総数」と「地域支援事業の量の見込み」を定める。

都道府県介護保険事業支援計画

市町村の後方支援(バックアップ)として作成する

 都道府県介護保険事業支援計画は、都道府県が基本指針に即して3年を1期として作成します。都道府県の役割は市町村の後方支援なので、計画名に「支援」という言葉が入っています。こちらも「定めるべき事項」のみをご紹介します。

  • ①各年度の必要利用定員総数
    介護専用型特定施設入居者生活介護
    地域密着型特定施設入居者生活介護
    地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
  • ②各年度の必要入所定員総数
    介護保険施設(種類ごと)
  • ③各年度の量の見込み
    介護給付等対象サービス(種類ごと)
  • ④市町村による自立支援等施策への支援に関して、都道府県が取り組むべき事項

  都道府県介護保険事業支援計画で「定めるべき事項」については、以下を覚えておきましょう。

【これだけは!】都道府県介護保険事業支援計画で定めるべき事項

都道府県介護保険事業支援計画では、各年度の「必要利用定員総数」と「必要入所定員総数」を定める。

自立支援等施策とは?

要介護状態等の軽減と悪化の防止、費用の適正化のための施策

 さて、それぞれの計画の定めるべき事項をみて、「自立支援等施策ってなに?」と思われた方も多いでしょう。自立支援等施策とは、以下のことをいいます。

被保険者の地域における自立した日常生活の支援、要介護状態等となることの予防または要介護状態等の軽減もしくは悪化の防止および介護給付等に要する費用の適正化に関し、市町村が取り組むべき施策

 難しい文章ですが、自立支援等施策のポイントは3つです。

  • ①被保険者が要介護状態等にならないようにする
  • ②要介護状態等になっても重度にならないようにする
  • ③介護給付等の費用が適正に使用されるようにする

 これらについて、市町村は施策を考え、取り組み、都道府県はその取り組みをバックアップするという考え方です。

介護保険事業(支援)計画と似た計画との関係性

一体・調和・整合性

 市町村や都道府県は、介護保険事業(支援)計画以外にも計画を作成しています。よって、それらの計画とバランスをとる必要があります。

 たとえば、老人福祉計画とは「一体のもの」として、地域福祉(支援)計画とは「調和が保たれたもの」として、医療介護総合確保法の市町村計画や都道府県計画等とは「整合性の確保が図られたもの」として、それぞれ策定されなければなりません。

 ケアマネ試験では、過去の出題傾向を踏まえて、次の2つを覚えておけば大丈夫です。

【これだけは!】介護保険事業(支援)計画とほかの計画の関係性

老人福祉計画 ・・・・・・・ 一体のものとして作成

地域福祉(支援)計画 ・・・ 調和が保たれたものとして作成

まとめ

 介護事業計画にはもう1つ「定めるよう努める事項」があります。まずは今回解説した「定めるべき事項」を覚え、それ以外が「定めるよう努める事項」に該当すると考えましょう。

 介護保険事業計画は出題される可能性が高いですが、頻出ポイントは限られています。難しい言葉は表にしたり言い換えたりしながら、頭の中に入れていくと覚えやすくなります。諦めずに学習を進めていきましょう!

馬淵敦士(まぶち あつし)
ベストウェイケアアカデミー学校長。介護福祉士、ケアマネジャーの受験対策講座を各地で開催し、アカデミー受講者の合格率は全国合格率を大幅に上回る。『ケアマネジャー試験過去問解説集』(中央法規)の代表執筆を務める。


受験対策WEB講座の配信がスタート!

ケアマネジャー受験対策WEB講座「ケアマネジャー試験ナビ2022」

WEB講座で理解を深めよう!

スマホやタブレットを使って問題を解きたい人は受験対策アプリ!

ケアマネジャー合格アプリ2021 一問一答+模擬問+過去問

ケアマネジャー合格アプリ2022 過去問+問題集+一問一答

今年のケアマネ受験対策アプリはこれ!! 「ケアマネジャー合格アプリ2022」は【過去問】、【問題集】、【一問一答】を収録!!

  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。