メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

私はこうして合格しました!

難関を突破して晴れてケアマネジャーの資格を取得した皆さんに、効果的な勉強法や仕事をしながら勉強を続けるコツ、資格を仕事に活かすためのアイデアなどについてうかがいました。


第63回 K・Oさん

K・Oさん
特別養護老人ホーム 生活相談員

見出しリンク

K・Oさんが使った参考書

  • ユーキャンの通信講座

K・Oさんの合格までの道のり

K・Oさんが考える合格3か条

  • 全くわからないところこそ、覚えるべし!
  • 参考書でピンとこないところは、現場に聞くべし!
  • チャンスは1回、と思うべし!

ケアマネジャーの受験を決意した日

 K・Oさんがケアマネジャーをめざしたのはなぜですか?

 「ずっと介護の仕事をしていましたが、妊娠すると夜勤も難しく、さらに体力的にも厳しく、また自分は皮膚が弱く手荒れも辛かったため、将来のことを考えると資格が必要かも・・・といろいろ考えて、ようやく決意したのは、受験申込締め切り直前のことでした。」

そしてはじめた受験勉強

 締め切り直前に決意したK・Oさんの受験勉強の本格的なスタートは7月以降と少し遅めですが、仕事と子育てと家事に追われるなか、どのように勉強を進められたのでしょうか。

 「周りも受けていたユーキャンの通信講座を利用しましたが、持ち運んで勉強することもなかなか難しく、結局、一度も添削に出さずじまいで終わってしまいました。家に帰れば、子育てや家事に追われるため、仕事の昼休憩の30分間に集中して勉強できるよう、科目ごとに一冊にまとめられたコンパクトなテキストを購入し、いつも携帯してちょっと時間があるときに、さっと取り出しては勉強しました。
 正直、7月後半からのスタートでしたから十分な時間もなく、知っているところはさらっと復習気分で、知らないところを中心にじっくり勉強しました。ただ、幸いなことに自分の最も身近な職場に、ケアマネジャーとして実践している人がたくさんいたため、制度の意味を聞いたり、ケアマネジャーに必要な書類に日頃から触れていたりしたことが、いつのまにか知識となっていました。」

ケアマネジャーに見事合格して

 短い試験勉強期間でしたが、見事に1回で試験を突破したK・Oさん。ケアマネジャーに合格してから何か変化はありましたか?

 「試験合格後に受講した『実務研修』で在宅サービスの方のみのグループになり、全くついていけず、『自分にケアマネは向いていない・・・』と思い、職探しをしていませんでしたが、自分の住む地域に新しく新設の特養が設置されることがわかり、『施設ケアマネならできるかも』と現在の職場に変わり、今は生活相談員をしています。あの時に、自分を動かすきっかけになったのは、やはりケアマネ試験の合格があったからだと思いますので、本当に『チャンスは大切に』を実感しています。大変ですが、楽しい毎日です。」

これから受験する人へ

 これから受験する人にメッセージをお願いします。

 「気になったところ、意味のわからないところこそ、きちんと理解するまで学習してください。そして、『チャンスは1回!』です。この考えを強く持つことが大切です。1回を逃すと受験料は高いし、体調を崩し、受験できないかもしれないし、やりたい事業所の仕事もないかもしれません。自分を追いつめることも必要だと思います。」