メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

私はこうして合格しました!

難関を突破して晴れてケアマネジャーの資格を取得した皆さんに、効果的な勉強法や仕事をしながら勉強を続けるコツ、資格を仕事に活かすためのアイデアなどについてうかがいました。


第62回 なっとくしんさん

なっとくしんさん
社会福祉法人Aデイサービス 介護職員

見出しリンク

なっとくしんさんが使った参考書

なっとくしんさんの合格までの道のり

なっとくしんさんが考える合格3か条

  • 必要な投資はする
  • 新しい問題集を買う
  • 合格へのスケジュールをたてる

7月ごろから本格的に開始

 デイサービスに勤務されているなっとくしんさんは、自分のスキルを上げたいという思いから受験を決められたとのこと。どのように受験勉強をスタートされたのでしょうか。

 「4月から勉強を始めました。最初は参考書を1冊購入し、1日10ページくらい通勤電車のなかで読み込んでいきましたが、ただ読むだけ、といった感じでした。『こんなことじゃいけない!』と、7月になって、ようやく本格的に開始することにしました。
 とにかくテキストの大事といわれたところを読み込むことにし、毎日60分程度と時間を決めて勉強し、できなかった日は2日分まとめて120分という具合に、ノルマをつくって行いました。
 また、同時に、けあサポの『今日の一問一答』と『月イチ確認テスト』も必ず解いて、日々の実力アップを確かめるようにしていました。」

 なるほど、けあサポを利用して自分のモチベーションをうまくコントロールされたんですね。

通信講座を利用して直前対策

 9月から、いよいよ受験に向けて大詰めの時期です。ここまでのベースを元に、直前対策をどう進められたのでしょう。

 「9月に合格スケジュールを作成し直し、再度、『ケアマネジャー試験過去問でる順一問一答』を最低3回は解いて、わからないところはテキストで確認をしました。
 10月は、通信の模擬試験問題6回分を図書館で、本番の試験時間に合わせて解きました。すぐ答え合わせをして、できなかったところはテキストに戻り、照らし合わせました。この時期の休日は、10時~15時くらいまで図書館通いでした。
 試験当日に向けての準備としては、私は特にトイレが近いほうなので、試験1週間前から、試験と同じ時間はトイレに行かないように決め、規則正しい生活を送るように心がけました。また、コロナ感染予防を徹底するため、10月に入ったら人が集まるところへの外出は控えました。」

合格へのポイントは

 これから受験される方へのアドバイスをお願いします。

 「過去問はあくまで過去に出題された問題なので、過去問だけを何回も解いて安心はしないでほしいと思います。特に、介護支援分野は、新しいテキストと今年の試験傾向を知ることが大事ではないでしょうか。
 働きながらの勉強は、なかなか思い通り進まないのが現実です。特にテキスト等を読み出すと、眠くなったり、やる気も途中でなくなるので、そのときは、講義形式の映像教材を見たり、けあサポの『林先生の受験対策講座』を読んだりして、自分を励ましていました。」

 自分の合格までのスケジュールづくりとその修正を繰り返されたなっとくしんさん。皆さんも勉強に行き詰まったときは計画の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

【次の記事はありません】

ホームへ戻る