メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

山口晃弘の超幸齢社会の最幸介護術

山口 晃弘(やまぐち あきひろ)

超高齢社会を実り多き「幸齢社会」にするために、
介護職がすべきこととは?
元気がとりえの介護職・山口晃弘が紡ぐ最幸介護術。

プロフィール山口 晃弘 (やまぐち あきひろ)

介護福祉士、介護支援専門員。1971年、東京都生まれ。高校卒業後、設計士、身体障害者施設職員を経て、特別養護老人ホームに入職し、介護職・生活相談員を務め、その後グループホームの管理者となる。
現在、社会福祉法人敬心福祉会 千歳敬心苑にて人材育成担当。著書に『最強の介護職、最幸の介護術』(ワニブックス、2014年)がある。

著書

『最強の介護職、最幸の介護術』
『最強の介護職、最幸の介護術』

強い奴ほど笑顔は優しい

 先日、かつての職場の部下である職員のはからいで、日本体育大学相撲部の稽古を見学させていただきました。
 お年寄りは相撲が大好きな方が多いですね。今回の企画の話をすると、皆さん大喜びでこの日を心待ちにしていました。

 しかし!迎えた当日。実際に見学に行くと、稽古場は凄い緊張感。さすがは日体大です。
 大きな身体のぶつかり合いは、すごい迫力。相撲する人たちが、どれだけ努力していて、どれだけ強いのか、良く分かりました。

 また監督の指導の下、学生達が礼節を重んじているのが見て取れます。
 激しい稽古の中にも清々しさを感じました。

 稽古終了後は、みんなでお昼ご飯。日体大相撲部名物のちゃんこなど、豪華な昼食をご馳走になりました。
 さすがにすごいボリュームでしたが、お味も最高でした。

 普段はそんなに食べない入居者さんたちが、次々おかわり。
 アツアツのちゃんこをハフハフ。分厚いトンカツをモグモグ。
 やっぱり豪快な皆さんとワイワイ楽しくだと、食事も進みますね。

 稽古が終わればみんな気は優しくて力持ち。昔、私の好きな正義のヒーロー番組で「強い奴ほど笑顔は優しい。だって強さは愛だもの」という歌詞がありましたが、100㎏、150㎏の肉体を持つ若者達の笑顔といったら、本当に優しくて、人懐っこい。
 入居者さんとお相撲の相手をしてくれたり(全力で押してもビクともしない。当たり前か(笑))、本当に楽しいひと時となりました。

 80歳、90歳とご高齢になると、どうしても体力は低下します。
 気力で生活している部分が大きいでしょう。
 そういうご高齢の方だからこそ、楽しみや生き甲斐が必要なのではないかと思います。
 帰りの車内の皆さんの充実した笑顔を見て、そう確信しました。

 日体大相撲部の皆さん、貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました!


お知らせ
2017年11月25日(土)東京でセミナーを開催します。
『介護とは何か? ~本当に大切なこと~』
【開催日】2017年11月25日(土)
【時間】10:00~16:00
【会場】NATULUCK茅場町新館3階大会議室
【受講料】7,000円
【主催】関西看護医療ゼミ