メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

山口晃弘の超幸齢社会の最幸介護術

山口 晃弘(やまぐち あきひろ)

超高齢社会を実り多き「幸齢社会」にするために、
介護職がすべきこととは?
元気がとりえの介護職・山口晃弘が紡ぐ最幸介護術。

プロフィール山口 晃弘 (やまぐち あきひろ)

介護福祉士、介護支援専門員。1971年、東京都生まれ。高校卒業後、設計士、身体障害者施設職員を経て、特別養護老人ホームに入職し、介護職・生活相談員を務め、その後グループホームの管理者となる。
現在、社会福祉法人敬心福祉会 千歳敬心苑にて人材育成担当。著書に『最強の介護職、最幸の介護術』(ワニブックス、2014年)がある。

著書

『最強の介護職、最幸の介護術』
『最強の介護職、最幸の介護術』

旬の人を見逃さない

 私が理学療法士として最も尊敬する近藤先生は、知識、技術、経験に裏付けられたリハビリをいつも魅せてくれます。
 普段とっても温和な先生ですが、時折厳しい表情をします。

 「旬の人を見逃してはいけない!」

 「旬の人」というのは、先生独特の表現で、「今、リハビリを必要としている人」という意味です。

 ショートステイで入居した女性Aさん。職員は、Aさんに対しショートステイということで、それほどリハビリに関して意識をしていませんでした。
 しかし、近藤先生は入居前にいた老健の医師からの診断書に目を通し、「この人には、まだ在宅復帰の可能性が残っている。どうして在宅復帰を想定したリハビリをしないの?そのための条件を整えないの?」と私たちに問いました。

 今、リハビリに取り組めば、歩けるかもしれない。
 今、リハビリに取り組めば、トイレで排泄できるかもしれない。
 今、リハビリに取り組めば、家に帰れるかもしれない。

 特養で長く働いていると、施設でいかにこれから先暮らしていくか? そこに気を取られてしまい、そういう最も大事な視点がマヒしてしまっていました。恥ずかしい限りです。

 他にも、「痛いと言うから」「まだ入居したばかりだから」と言って「様子観察」という言葉で時が経ち、いつの間にか体力が落ち、拘縮が進み、寝たきりになり……これでは介護保険法第一条にある「有する能力に応じ自立した日常生活を」という目的にまったく反しています。
 ご高齢の方は、必要な時に介入しないと取り返しのつかないことになります。
 先生からは、いつもそういった大事なことを思い出させていただいています。

 近藤先生のリハビリ、私たちの介護で、入居者の皆さまにハッピーな毎日を提供し、健康寿命を延ばしていきたいと思います。


お知らせ
2017年11月25日(土)東京でセミナーを開催します。
『介護とは何か? ~本当に大切なこと~』
【開催日】2017年11月25日(土)
【時間】10:00~16:00
【会場】NATULUCK茅場町新館3階大会議室
【受講料】7,000円
【主催】関西看護医療ゼミ

【前の記事】

ひよっこ