メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

山口晃弘の超幸齢社会の最幸介護術

山口 晃弘(やまぐち あきひろ)

超高齢社会を実り多き「幸齢社会」にするために、
介護職がすべきこととは?
元気がとりえの介護職・山口晃弘が紡ぐ最幸介護術。

プロフィール山口 晃弘 (やまぐち あきひろ)

介護福祉士、介護支援専門員。1971年、東京都生まれ。高校卒業後、設計士、身体障害者施設職員を経て、特別養護老人ホームに入職し、介護職・生活相談員を務め、その後グループホームの管理者となる。
現在、社会福祉法人敬心福祉会 千歳敬心苑にて人材育成担当。著書に『最強の介護職、最幸の介護術』(ワニブックス、2014年)がある。

著書

『最強の介護職、最幸の介護術』
『最強の介護職、最幸の介護術』

ニッポンを元気に!

 今年最後の更新になります。
今年も一年間、私の拙いブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

 個人的なことですが、この一年は人生の大きな転機になりました。
15年半勤務した法人を退職し、新天地へ。人材育成担当という新たなポストを得て、再出発しました。

 個性豊かな仲間たち、そして利用者と紡ぐ物語のような毎日は、私自身を成長させてくれています。

 また、勤務先には法人外での活動、地域、社会に向けた発信活動にも理解を示してもらえ、この一年は新たなことにもたくさんチャレンジすることができました。さらに、ブログの連載、専門誌での連載、他団体での講師活動やセミナーなど……今年はさまざまな場所で発信の機会をもらい、それにより多くの方との出逢いがありました。

 私の夢は、世の中の困っている人を片っ端から助けることです。
当然それは一人でできることではなく、仲間、同志が必要です。今年は数えきれない貴重な出逢いがあり、これからの活動に向けて大きなチカラとなりました。
 それも『けあサポ』をはじめ、多くの発信の機会を得たことがきっかけです。

 来年も、与えられた機会を活かし、世の中の困っている人が一人でも多く救われますように、苦しみ、涙を流す人が一人でも減りますように……精一杯頑張っていこうと思います。

 この一年、大変お世話になり、ありがとうございました。
来年も、『ニッポンを元気に!』をテーマに頑張ります!
 よろしくお願い致します。

 社会福祉法人 敬心福祉会
 特別養護老人ホーム千歳敬心苑
 人材育成担当 山口晃弘


【前の記事】

情熱

【次の記事】

命の教育