メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

山口晃弘の超幸齢社会の最幸介護術

山口 晃弘(やまぐち あきひろ)

超高齢社会を実り多き「幸齢社会」にするために、
介護職がすべきこととは?
元気がとりえの介護職・山口晃弘が紡ぐ最幸介護術。

プロフィール山口 晃弘 (やまぐち あきひろ)

介護福祉士、介護支援専門員。1971年、東京都生まれ。高校卒業後、設計士、身体障害者施設職員を経て、特別養護老人ホームに入職し、介護職・生活相談員を務め、その後グループホームの管理者となる。
現在、社会福祉法人敬心福祉会 千歳敬心苑にて人材育成担当。著書に『最強の介護職、最幸の介護術』(ワニブックス、2014年)がある。

著書

『最強の介護職、最幸の介護術』
『最強の介護職、最幸の介護術』

情熱

 「この世の中で、情熱なしに達成された偉大なことはない」
 これはアメリカの哲学者ラルフ・ワルド・エマーソンの言葉です。

 先週は、セミナーの講師として栃木県と大阪府に行ってきました。
 休憩時間などに受講者とお話させていただくと、多くの方が職場環境に悩んでいました。職場環境というのは、主に「人」のことです。管理職の人は、「部下が育たない」「現場にリーダー不在」を悩んでいました。一般職の方は、「管理者がビジョンを持っていない」「管理職がリーダーシップを発揮していない」と嘆いていました。

 実際には、立場によって物の見え方は違います。だから、お互いの立場を尊重して、お互いに認め合える関係が一番良いでしょう。しかし、そうはいかないのが現実です。

 管理職は、やはり組織の中で誰よりも学ばなければいけない立場です。今回の栃木県での研修は、主にリーダーや管理職の方が受講対象でした。リーダーシップ、マネジメント、マーケティングやプレゼンテーションについて話をしました。

 大阪の研修では、特に受講対象は決まっておらず、日々現場で活躍される介護職の方が多かったようです。ここでは、介護現場でのエピソードなどを中心に、介護職としての心構えを話しました。

 私の拙い講義が、どのように伝わったか、響いてくれたかはわかりません。明日から使えるものがあったら嬉しいですが、理想と現実は違うと思った方もいたかもしれません。
 しかし、どんなに知識や技術を習得したとしても、それだけでは人や組織は変わりません。大事なのは「情熱」。人の心を動かすのは情熱なのです。
 情熱を持って学び、情熱を持って伝え、情熱を持って人の心を動かす……これができないかぎり、人は変わりません。組織は変わりません。

 データ重視、科学的根拠を重視するようになった介護業界。否定はしません。それを求める顧客もいるでしょうし、介護職の地位向上のための鍵になるのかもしれません。
 しかし、データ収集だって、科学的根拠の証明だって、情熱がなければできないのです。
 この世に情熱なしに成し得た偉業はないことがわかります。情熱を持って取り組み、努力し、人の心を動かしてほしいです。
 それぞれの現場で行うことが、いつか大きな力になり、世間を動かすようになり、制度を、国を動かすようになります。
 財源ありきは仕方ありません。しかし、心を置き去りにした制度なら必要ありません。