メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

山口晃弘の超幸齢社会の最幸介護術

山口 晃弘(やまぐち あきひろ)

超高齢社会を実り多き「幸齢社会」にするために、
介護職がすべきこととは?
元気がとりえの介護職・山口晃弘が紡ぐ最幸介護術。

プロフィール山口 晃弘 (やまぐち あきひろ)

介護福祉士、介護支援専門員。1971年、東京都生まれ。高校卒業後、設計士、身体障害者施設職員を経て、特別養護老人ホームに入職し、介護職・生活相談員を務め、その後グループホームの管理者となる。
現在、社会福祉法人敬心福祉会 千歳敬心苑にて人材育成担当。著書に『最強の介護職、最幸の介護術』(ワニブックス、2014年)がある。

著書

『最強の介護職、最幸の介護術』
『最強の介護職、最幸の介護術』

開花宣言!

 いよいよ4月を迎えます。東京で働く私の通勤路でも、きれいな桜が見られるようになりました。そして、いよいよ新年度です。

 私も2月から勤め始めた新天地で新しいスタートとなりますが、皆様の中にも、この4月から新たなスタートを切る人が多いと思います。入職する人、転職する人、異動する人、部署や役職が変わる人…4月というのは、人にとっても、組織にとっても、大きな転換期です。

 私はこの4月より、勤務する千歳敬心苑で「人材育成担当」として新たなスタートを切ります。新しい仲間たちとともに何をしていこうか、どんな仕掛けをしていこうか、考えるだけでワクワクしています。
 かつて私の恩師が、「仕事でワクワクを大事にしたい」とおっしゃっていました。私もそう思います。仕事というのは、本来ワクワクするような楽しいものではないかもしれません。つらいこと、苦しいことをするから、その対価として給与をいただく。給与はストレスに対する対価だとも思います。
 ですが、だからこそ、仕事を楽しむことができればすばらしいと思うのです。苦しいところまでなら誰でも頑張ります。自分が試されるのは、苦しい所から頑張れるかどうか。
 苦しい時、つらい時にでも、笑える人はすごい。苦しい時、つらい時にでも、相手を思いやる人はすごい。それこそが理想の介護であり、そういう人こそが、リーダーになり、上に立っていく人だと思います。

 私にこのことを身をもって教えてくれたのが、かつての職場の上司でした。
 私は当時、どちらかというと、「仕事がつらく、苦しいのは当たり前! 仕事で楽しいなどと甘ったれたことを言うな!」というような考え方でした。そんな私と、私の上に立つ女性の上司は正反対のタイプ。思い返せば、いつも穏やかでした。思い出すと、笑った顔しか思い出さない。いつも穏やかに私の気持ちを受け止め、好きなようにやらせてくれました。部下にも気さくに話しかけ、現場のみんなの気持ちを尊重してくれました。
 会社というところは上に立てば立つほど、厳しいこと、つらいことが多い。そんな中で、私の上司はいつも穏やかでした。大きな心で私たちを見て、応援してくれていました。
 時には意見が衝突することもありましたが、今思い返せば、私が若かった。考え方がまだ幼かった。よくぞ、伸び伸びと育てていただいたと感謝の気持ちでいっぱいです。

 この春、私の恩師であるその方が定年退職されます。同時に、4月から新天地へ行かれると聞きました。お互いに新しい場所、それぞれの場所で、新たな闘いに挑みます。
 生意気な言い方をさせていただけば、かつて志を同じに、一緒に夢を追いかけた同志。
 新天地での益々のご活躍、心から応援させていただきます。
 ただ、くれぐれもお身体大事にしてください。若くはないので。。。(笑)
 桜満開の4月!皆さん、良いスタートを!


【前の記事】

弱り目に祟り目

【次の記事】

出る杭の上に立つ