メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

和田行男の婆さんとともに

和田 行男 (和田 行男)

「大逆転の痴呆ケア」でお馴染みの和田行男(大起エンゼルヘルプ)がけあサポに登場!
全国の人々と接する中で感じたこと、和田さんならではの語り口でお伝えします。

プロフィール和田 行男 (わだ ゆきお)

高知県生まれ。1987年、国鉄の電車修理工から福祉の世界へ大転身。
特別養護老人ホームなどを経験したのち99年、東京都で初めてとなる「グループホームこもれび」の施設長に。現在は株式会社大起エンゼルヘルプ地域密着・地域包括事業部 入居・通所事業部部長。介護福祉士。2003年に書き下ろした『大逆転の痴呆ケア』(中央法規)が大ブレイクした。

まだまだの自分


 ある法人の幹部候補にあがっている職員さん(以後、職員A)にまつわる話を聞き、考えさせられた。

 職員Aは幹部候補であるにもかかわらず「不出来」が所属長から課題として上がり、「幹部にするなんてとんでもない」くらいの勢いで、職員Aへの評価が下がったそうだ。

 所属長を束ねている統括責任者は、それを聞いて「どうしたものか」と考えたそうだが、そもそも幹部候補にあがるほどの職員Aなので、確かに「不出来」な部分はあるだろうが、それを上回る「出来」もあるんじゃないかと思い、自分が一番かかわる事業所に異動させて「自分が幹部として仕事ができるようにすること」に賭けた。

 つまり、所属長たちから言われていることを職員Aの課題としてではなく、自分の課題として捉えたということなのだが、別の言い方をすれば「覚悟を以て自らがかかわることにした」ということでもある。

 異動後しばらくして、職員Aが所属していた事業所の利用者が亡くなり、ご家族からの依頼を受けて、統括責任者が通夜・告別式に参列させてもらった。

 そのときに遺族から、「職員Aさんに、ほんとやさしくしていただきました。Aさんは誰に対しても同等によくされていたことが、とても嬉しかったです」と言ってもらえた。

 「みなさんに」でもなければ「リーダーさんに」でもなく「職員Aさんに」で言葉をもらった統括責任者は、所属長たちからあれこれ言われているが、よく考えると「上司」や「同僚」からの目線評価だということに気づいたそうだ。

 確かに事務仕事ができていないとかルールを守らないといった「不出来」は、それはそれで良くないことではあるが、それはどれも「職員間」のことであって、介護職の仕事の中で一番大事にしなければならないことが秀でていたからこそ「いただけた言葉」であり、そう言ってもらえたことで事業所のみならず法人全体の印象が良くなることは間違いなく、実は職員Aが一番仕事をしていたのではないかと思い直したそうだ。

 もしも家族が、そう思っていても言葉にして聞かせてくれなかったら、職員Aを「不出来な職員」のままにしたかもしれない自分を見つめ直した統括責任者のことが「ステキだな」と思えたし、僕自身ハッとさせられた話であった。

 目に見えていることだけに惑わされないように精進しなければ…まだまだな僕である。

写真

 僕はあちこち行かせていただいたとき、現地の方から「どこか行ってみたいところはありますか」って聞かれたら、ほぼ必ずお願いするのが「コーヒーのおいしい店」と答える。
 あるいは自ら町に出て求めさまよう。

 喫茶店は僕が若かりし頃に比べれば急速に減っている印象はあるし、全国展開のチェーン店にとってかわられている感もあるが、意外に「知る人ぞ知る喫茶店やコーヒー専門店」もまだまだあり、そこに辿り着くと「やったぁ!」と宝物にめぐりあえた豪華な気分になる。

 ところが、次に出向くと「閉店」「マスターが倒れた・亡くなった」ということも多々あり、次代へ引き継げない現実にも出くわす。
 妻が認知症になり閉店したマスター、自分が認知症になり閉店しグループホームに入居したマスターにも出会ったが、長年にわたって使ってきた珈琲関係の機器は手元に置いていた。
 そういう「ひとの味わい」が、時の流れに流されず生き残ってきたってことなのかもしれない。

 レコード、カセットテープ、フィルムカメラといった、一度は寂れて消滅しかけた僕の10代20代を彩ったモノたちが再び脚光を浴びてきているが、これとて「デジタル」では表しきれない「味わい」への回帰であると思うし、町の喫茶店・コーヒー専門店も時代に流され失いかけたとしても、きっと蘇る次代がくることだろう。

 いやすでに、どこに行っても「同じ設え・同じメニュー・同じ味」のチェーン店に飽き足らない人たちによって、密かにブームになりつつあるのかもしれないと思えるほど、古き良き時代の喫茶店・コーヒー専門店で若者たちの姿を見かけるようになってきた。
 嬉しい限りである。
 ちなみに写真は、山形県酒田市で有名な「ケルン」というコーヒーもカクテルもおいしいお店で「雪国」というカクテルが知られているお店です。ぜひ一度!

wada20161102

【前の記事】

後の者にも学ぶ

【次の記事】

通所介護って何?
wada161114-1