メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

和田行男の婆さんとともに

和田 行男 (和田 行男)

「大逆転の痴呆ケア」でお馴染みの和田行男(大起エンゼルヘルプ)がけあサポに登場!
全国の人々と接する中で感じたこと、和田さんならではの語り口でお伝えします。

プロフィール和田 行男 (わだ ゆきお)

高知県生まれ。1987年、国鉄の電車修理工から福祉の世界へ大転身。
特別養護老人ホームなどを経験したのち99年、東京都で初めてとなる「グループホームこもれび」の施設長に。現在は株式会社大起エンゼルヘルプ地域密着・地域包括事業部 入居・通所事業部部長。介護福祉士。2003年に書き下ろした『大逆転の痴呆ケア』(中央法規)が大ブレイクした。

折り返し人生


 今日で僕の「カンレキ」は最終日。
 明日から寿命の「折り返し人生」をおくらせていただけることに。

 「和田さん、いくつまで生きるつもりですか?」

 そんな問いかけが来そうですが、僕だけでなくヒトは115~120年生きる(最大寿命)生き物と言われていますから、「カンレキ」ってちょうど二分の一地点ですものね。

 つまり和田さん的解釈としては、折り返し地点ですべての諸悪を出し尽くし、残りの人生を真っ当に生きろよ! っていうのが「カンレキ」で、それを真摯に受け止めて「折り返しなさい」と言われているのではないかと。

「和田さん、そんなに長生きしたいんですか」

 今は「長生きしたい」って思うようになりました。
 ただ、こんな人の言葉も心の中に引っかかっています。

 ショートステイの面接に伺ったとき、本人は95歳の女性でしたので、「いやァ、お元気で長生きされて、あやかりたいです」って何にも考えずに伝えたんです。

 そしたらその方が寂しそうな顔で「長生きなんて、するもんじゃない」って呟いたんです。

 「どうして…ですか」と恐るおそる口を開くと

 「みーんな、死んじまって、気がついたら一人ぼっち」
「周りの友だちも、年下でさえ、みーんな死んでしまった」
「寂しいだけだよ、長生きしたって」

 

 長生きを素直に喜べないこの国って…

 僕が120歳なら、連れ合いは98歳、一番上のちびっこが67歳、一番下でさえ60歳ですからね。

 60歳は、いろんなことがありました。
 中でも、身体の「傷み」があちこちに出ました。
 何人かの仲良し関係者が「癌」との闘病生活を迎えました。
 待ちに待っていた「恋車:ワーゲンバス」が納車直前で破壊されました。
 信頼していた工務店との関係にヒビが入りました。
 でも。悪いことばかりでないことも確かです。

 明日から迎える「120歳までの折り返し人生」で、良かったことも悪かったことも糧にしていければと思います。

 こんな僕にお付き合いくださっている皆さんに、心より感謝申し上げます。  ありがとうございます。

写真

 カンレキの記念に、ある「皮モノ店」の店長にお願いして売っていただいた「非売品ジャケット」。
 このジャケットの魂が似合う自分を目指して精進していきます。

お知らせ

全国グループホーム団体連合会 第4回全国フォーラムin水戸

詳細は右記をご覧ください。

  • 日時:2016年11月4日(金)10時~17時
  • 場所:茨城県立県民文化センター
  • 参加費:3000円
wada161003-1

【前の記事】

次の一手

【次の記事】

特別なこと
和田行男