メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

和田行男の婆さんとともに

和田 行男 (和田 行男)

「大逆転の痴呆ケア」でお馴染みの和田行男(大起エンゼルヘルプ)がけあサポに登場!
全国の人々と接する中で感じたこと、和田さんならではの語り口でお伝えします。

プロフィール和田 行男 (わだ ゆきお)

高知県生まれ。1987年、国鉄の電車修理工から福祉の世界へ大転身。
特別養護老人ホームなどを経験したのち99年、東京都で初めてとなる「グループホームこもれび」の施設長に。現在は株式会社大起エンゼルヘルプ地域密着・地域包括事業部 入居・通所事業部部長。介護福祉士。2003年に書き下ろした『大逆転の痴呆ケア』(中央法規)が大ブレイクした。

少しでも良くしたい


 自分や自分たちが暮らす街を、何をどうしたいか・どのようにするかはさておいて、「少しでも今以上に良くしたい」と思っている人はたくさんいることだろう。

 ただ思ってはいても、具体化できない、行動に移せない人もたくさんいるだろうが、僕はそれで普通以上かなと思う。

 つまり、よくしたいと思うことがあるだけでもステキなことで、そこは誇るべきこと。

 先日、福井県高浜町に行ってきましたが、出かけた目的は「和田de路地祭」という市民たちが起こした祭りに参加するためです。
 残念ながら雨風が強くて(子ども連れだったので)祭りに参加できず、旅館で寝てきただけなのでレポートできませんが、気になる人はネットで検索してみてください。面白そうですよ。

 祭りを知ったきっかけは、高浜町和田診療所の医師が自分たちのある取り組みで僕を招いてくださったことですが、僕と高浜町とのご縁となると、20歳代の頃(30数年前)にキャンプ・海水浴でよく来た町です。

 もちろん僕が遊びに来ていた時から町の人口は減ったでしょうが、それが原因かどうかはともかく、医師の数が減り続け「医師過疎の町」へと流れ落ちていたようです。

 それに危機感をもった首長が「少しでも良くしたい」と知恵を絞り、行動を起こした結果、大学病院とのコラボレーションが実って診療所を開業することができ、その診療所を拠点に医師が中心となって市民とともに「たかはま地域医療サポーターの会」を結成。

 今では、定期的に会合を開いて医療関係の意見を出し合い、啓発活動の先頭をきるだけでなく、町のために良かれと思うことを市民自らが企画立案し、行政職員や医療福祉の専門職たちとともに活動しています。

 あわせて医学生の研修受け入れにも道筋をつけ、医師にとっても魅力的な「仕事場」とすることで医師の数をピーク時まで戻したという、すんごい町なんです。

 「少しでも今以上に良くしたい」

 常にこの欲を失うことなく力を合わせて挑んでいけるチームができれば、町であれ、職場であれ、業界であれ、家族であれ、良い方向に動いていけるんでしょうかね。

写真

 高浜町の近くが小浜市。
 そう、米国・オバマ大統領にあやかった町ですが、一躍名を広めたのではないでしょうか。
 これとて「わが町を少しで良くしたい」と願ってのアイデアなんでしょうね。
 たまたま車で走っていたら連れ合いが「いたァ、オバマ」って叫んだので止めると、いました「I♥OBAMA」の自販機&オバマ像さん。像さんはあまり似ていませんでしたが、いろいろうるさいんで、わざと似過ぎないように作ったんではないでしょうかね。
 もうすぐ米国大統領職を退きますが、小浜市のこの「自販機&像」は退かないでしょうかね。
 ただ僕の一番の関心ごとは、このオバマの自販機&像の上にあるウエディングのメッセージ(ホテル)との組み合わせを「意識的にしたかどうか」でしたがね。

お知らせ

全国グループホーム団体連合会 第4回全国フォーラムin水戸

詳細は右記をご覧ください。

  • 日時:2016年11月4日(金)10時~17時
  • 場所:茨城県立県民文化センター
  • 参加費:3000円
pic01

【前の記事】

入る・入らない

【次の記事】

ステキな彼女
wada160926-2