メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

和田行男の婆さんとともに

和田 行男 (和田 行男)

「大逆転の痴呆ケア」でお馴染みの和田行男(大起エンゼルヘルプ)がけあサポに登場!
全国の人々と接する中で感じたこと、和田さんならではの語り口でお伝えします。

プロフィール和田 行男 (わだ ゆきお)

高知県生まれ。1987年、国鉄の電車修理工から福祉の世界へ大転身。
特別養護老人ホームなどを経験したのち99年、東京都で初めてとなる「グループホームこもれび」の施設長に。現在は株式会社大起エンゼルヘルプ地域密着・地域包括事業部 入居・通所事業部部長。介護福祉士。2003年に書き下ろした『大逆転の痴呆ケア』(中央法規)が大ブレイクした。

雑記


 「和田さん、気をつけなさい。あなたのひと言は大きいんだから」
そんな言葉を何人もから、かけられ続けてきた。

 あるときも、そう言われたので、「なんで。何かあったの」と聞き返した。

 「先日、施設のお年寄りAさんと職員Bと一緒に食事したでしょ。その時和田さんがAさんと話していたことを聞いて決断できたようなの。Bさん離婚しちゃったのよ」と。

 また、ある時は「和田さんの話を聞いて介護職を辞めました」って言われたので「えーっ! それはあかん、なんでや」って問うた。

 「そもそも小学校の教員になりたかったのですが、事情があって介護職に。和田さんから、自分たちの仕事は、その人の中にある力を封じ込めるのではなく、引き出すことだって聞き、自分は自身の力を引き出せているのか疑問を感じました。だから挑戦してみようと決意できたんです」と。

 グループホーム入居者のおとめさん(仮名)、買い物に行く道すがら、顔なじみになったよく散歩している近所の方に「運動しないと認知症になるよ、頑張るんだよ」って言ったそうな。
 もちろんとめさんが認知症なんですがね。

 ひとにはいろんな節目がある。
 できごと・ひとことなど周りからの影響を受ける。
 その「周り」に自分が影響を与えることもあるだろう。
 影響を受けたり・影響を与えたり。

 僕のひと言が大きいと感じられるのは、他人に話す・他人と話すその他人の実数が多く、機会も多く、そして何より「おしゃべり」だからだろう。

 別の角度で言えば、僕の口から出た言葉は僕の耳から骨から信号となって脳に還されているわけだから、僕自身が他人に話すことで自分から自分が影響を受けているのかもしれない。

 頭が夏休みモードに入ったため、とりとめのない雑記になったが(いつも?)、「言葉を獲得したヒト」は、他の動物から抜きんでて進化してきたことを思えば、やはり「コトバ」の影響力はでかいことを自覚しておかないと、他人に言葉を放つ機会が多い「和田行男」は苦しむ人を増やしかねないのかも。

追伸

 車中、ちびっこたちが釣りの話題で盛り上がっていた。

 「おれは、鯛を釣る!」とちびっこ1号
 負けじと2号は大真面目に
 「おれは、明太子、釣るぅー!」

 これには大爆笑してしまった。
 大人が大爆笑したものだからちびっこたちも大爆笑。
 なんで笑われたかわからない2号の顔も笑っていた。

 ちびっこは超才であり、人は「響き・響き合わせ・響き合い」(著書『大逆転の痴呆ケア』より)の生き物である。

写真

 どうも視線を感じて外を眺めると「くまさん」がこちらを見ているではありませんか。好天の中、気持ちよさそうに本を読んでいました。
 これまたよーく見ると、「羊蹄山(蝦夷富士)1898m」が雲を突き抜けて見えました(肉眼ではもっと美しく見えましたがね)。
 愉し・美しわがニッポンです。

お知らせ
トークライブ in 仙台2016
日時:2016年8月25日(木)14時30分~20時
場所:darwinライブハウス(仙台市青葉区一番街3-9-13)
※詳細は以下のファイルをご覧ください。

wada160725-1

【前の記事】

有効策はないものか

【次の記事】

泣きじゃくる僕
wada160808-1