メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

高齢者送迎中

 介護事業所の増加により、デイサービスや有料老人ホームなどの車両を目にする増えてきました。当社もデイサービスを運営しているので、朝や夕方の時間は送迎に動いています。

 その中で違和感を感じることがありました。カッティングシートやマグネットで「高齢者送迎中」「お年寄り送迎中」と貼ってあることです。確かに「子どもが乗っています」という感覚で、高齢者や要介護者が乗車していることを周囲の車に知らせるのは、安全のために必要かもしれません。しかし、私自身のとらえ方かもしれませんが、自分が介護が必要になった時、乗車する車両に『高齢者送迎中』と書かれていたら、あまりい感じはしないと思います。

 この文言の他に何かないかな? どうせ掲示するのであれば、もっと工夫をして違和感が少ない文言にしたい。と考えていたときに、ふと思いつきました。

「大正・昭和生まれの先輩が乗車中です」
「人生の先輩をお乗せしております」
「豊かな日本を築いてくれた人生の先輩が乗っております」

 と書かれたマグネットシートです(写真)。

 いろいろ考え方があるので、全員の方に受けれられるかは分かりませんが、即行動!即実践!することにします。評判が悪かったら見直せばいいのです。これから当社の送迎車両には、下記のマグネットシートが貼られています。


 それぞれの介護事業所で工夫し、事業所の個性がアピールできる方法として、介護業界に広まればと思います。