メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

介護事業のコンビニ化

 小濱道博先生は「介護事業のコンビニ化」という概念をセミナー等で発信しています。これは、次の2つのことにかけています。

  • 1:事業所の数…大手コンビニ4社の店舗数とデイサービスは同数
  • 2:どの地域でも同じサービス概要で同じ価格…沖縄のコンビニでも北海道のコンビにでも、同じ商品が同じ価格で買える

 介護事業では同じサービスでは同じ介護報酬です。ということは、誤解を恐れずに言うと、質が良くても質が悪くても利用者は同じ料金を支払うということです。

 同時に、職員の質の差で給与の差をつけがたいという経営になってしまうことでもあります。

 質が良い悪いは利用者が判断することですが、利用者の状態によっては、認知症などがあり判断できない場合もあります。その際、ケアマネジャーが利用者の家族に説明し、選択の幅を広げるアドバイスをします。

 しかし、ケアマネジャー自身の事業所の情報把握によって差が出ます。ここは良い、ここはちょっとという判断は、ケアマネジャーの受取り方によって変わるのが現状です。ケアマネジャーの心象により、良い悪いと判断されることは多くあります。

 ここで何が問題かというと、たとえば事業所が利用者へのサービスをめぐって、時にケアマネジャーと意見がぶつかる時があります。利用者のことを思って進言したことで、ケアマネジャー自身が気分を害することになり、その結果「あそこの事業所とは付き合いたくない」という関係にもなりかねません。意見の食い違いで関係が損なわれることは、事業所側にとってマイナスになります。利用者の紹介の大半はケアマネジャー経由なので、なおさらです。

 ケアマネジャーの心象がよい事業所はよいという判断で、逆の場合は悪い事業所という判断になってしまうのです。

 本当によい介護事業所かどうかよりも、対外的な対応力の強い事業所がよい事業所と判断されていることも多くあります。

 ケアマネジャーの中には、意見を言ってくれる事業所を評価してくれるところもあります。少しずつではありますが、利用者家族が情報を収集して事業所を選択することが増えています。しかし現状は、ケアマネジャーの紹介で事業所を選択することが大半です。理想は、対外的な対応もよく、一番重要な利用者へのサービスがよいことです。

 企業努力をし、人材の育成に力を入れてサービスの質を高めても、それが伝わらなければ職員も報われません。そのためには、自社の特色、考え方を上手に伝えていく個性を磨くことが重要です。長所を伸ばすことが大事だと思います。

 そして自社のサービスをどう地域ブランドにしていくかという概念をもつことが大切です。

辻川さん

【前の記事】

介護事業経営の意識

【次の記事】

給与分の働き
辻川さん