メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

がんばりの自己申告

 こんなにがんばっているのに! こんなに工夫しているのに!

 このように、自分はがんばっているんだというアピールをする人がいます。言葉で言わなくても、行動で大げさに息切れしてみせたり、大げさな話し方をしたりと、自分のがんばっている様子をアピールしている人を見かけます。

 確かに、自分の取り組んでいることを周囲から認められたほうが、自信やモチベーションの向上につながります。しかし周囲からみると、必ずしもよいことばかりではありません。時に逆効果になることもあります。

 たとえば、大変そうだから難しいのかな、能力的に難しそうだから頼みづらいという見方につながります。そうなると、自分の評価の低下につながります。

 考えてみると、本当に一生懸命している時は、他者の評価など気になりません。その結果が思わしくなく悔しい思いをしても、大きな学びになります。

 評価されるために努力することが必要な時もありますが、それよりも何のために行うのか、自分の役割は何か、どうしてこの役割を自分が担当しているのか、何を期待されているのかを考えていくことが大切です。

 自分の行動やがんばりをアピールすることも時には必要ですが、人に評価されるためにはどうすればよいのかと工夫する努力は、結局のところ自分自身の成長にはつながらないと思います。評価を気にするあまり、結果が出なかったり自分の成長につながらないこともあります。

 ジャイアンツの長嶋茂雄終身名誉監督が、次のように言っています。

「努力してます」と練習を売り物にする選手は、一流とはいえない。

 何事にも通じる言葉だと思います。

辻川さん

【前の記事】

気づきを高める
辻川さん