メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

行動

 成長するために自分の行動を変えることは、大切だと言われています。

 何のために習慣を変えるのか? 変えたら何が良くなるのか? そういった結果が明確にわかる場合は、新しい行動に変えることは意外と容易に行く場合が多いです。しかし、良い結果になるとわかっていても、イメージが薄かったり、信ぴょう性が低かったり、行動するまでに負担がある場合は容易にいきがたいものです。

 行動を変えることができれば、新しい習慣が身につきます。

 行動を変えるためには、意思が必要なとき
 行動を変えざるを得ない状況になったとき

 行動を変えるということを、他人から助言されて行うのか? 自ら気づいて行うのか? いずれにせよ、行動するのは自分自身です。行動を変えるためには、何か軸となる習慣が大切だと私自身、アドバイスを受けたことがあります。

 確かにその通りで、新しい習慣が行動を変えるためのスイッチボタンのようになったりします。その軸となる習慣は小さなことで、毎日、行えることがよいと思います。それも朝に行うことが良いです。例えば、起きてすぐにトイレ掃除をすること、窓をあけて換気すること、当たり前のことと感じる場合も多いですが、私の世代、その下の世代は、朝起きて換気をしない人も意外に多いようです。

 ひとり暮らしだとトイレ掃除も毎日しない人もいるようです。普段していないことで、するべきこと、したほうがよいことで、行動の軸ができます。規則正しい生活で、自分の規律ができると感じます。

 これは職場でも同様です。朝礼のほかに何か軸となる、スイッチボタンとなる習慣をもつようにすることも必要です。

 当社のあるスタッフは、朝のテンションが低いので、出社してから縄跳びを2、3分して、少し心拍数を上げてから業務に入るスタッフもいます。自分に合った軸となる習慣をもつことで1日が有意義になると実感します。運動も同様で、最初の1日はキツイですが、1週間、1か月と自分の行動が常態化すれば習慣になります。小さな行動の変化を行うことで視野も広がります。

 運動の秋、読書の秋と言われるように新しい行動をしてみてはどうでしょうか?

先週は新潟へ!
秋を感じる風景です

 はじめは人が習慣を作り、それから習慣が人を作る
 ドライデン

【前の記事】

【次の記事】

比べる