メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

必要とされる事業

 私自身、介護保険外サービスの導入などの相談が最近は増えてきています。
 数年前までは、他業種から介護事業への参入の相談が多くありました。以前にはアシックスの参入が話題となりました。現状の介護事業所でも、経営者の多くは他業種からの参入です。
 私自身、介護事業一筋、社会に出て19年、18歳からボランティアを始めて、人生の半分が介護業界に携わっています。介護の仕事は、数多くの利用者様と接します。利用者様と接することは大きな学びがあります。利用者様が経験された仕事も多様です。元・社長、元・教師、元・大工、元・料理人など、多様な職種を経験されている方から大きな人生観を学びます。
 介護の仕事は利用者様から多くの学びがある! ということは介護業界の人は知っています。しかし、それを活かしていないということがあります。これだけ、多くの経験を介護の仕事を通して得ているのですから、他の業態でもアレンジし、自己の工夫、独自性を出せば何とかできると思います。介護職の特性を活かす、力の見せ所だと思いました。

 他業種から介護業界に参入されるばかりではなく、逆に、介護事業のノウハウを活かし、介護業界から他業種にチャレンジしたいとずっと考えていました。介護のノウハウを活かした飲食店? 介護のノウハウを活かした美容院? いろいろと考えたなかで、やはり介護事業とリンクしやすいものでないと経営の理念がぶれてしまうと感じました。そうして、さまざまなタイミング、ご縁もあり、フィットネスジムを約3年前にオープンしました。
 約3年が経ち、感じたことがあります。フィットネスジムのコンテンツ構築と介護施設のレクやイベント企画、そしてスタッフのマネジメントはとても似ているということです。ジムも対人援助サービスであり、トレーナーの技術やモチベーション次第です。どんなに良い設備を整えても、トレーナーの意識が低ければ顧客満足には至りません。当たり前のことですが、どんな事業も本質は同じだと思います。地域に密着したジムにしていこうと思います。

 介護事業+○○事業

 介護と関連した事業を行うことも、今後は重要だと感じます。地域に根ざして、地域に必要とされる事業を構築すること。利益が出そうだからではなく、必要とされるはず、という軸が必要と感じます。

 誰かがやるはずだった! 自分がその誰かになりたかった!(カール・ルイス)

【前の記事】

自己満足

【次の記事】

常識