メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

自分のやりがい

 組織には、さまざまな役割があり役職があります。
 部長、課長、次長、店長、主任、リーダー、チーフなど……最初は皆、新人です。いろいろな経験を積み、業務を把握し新たな業務を任されていきます。
 私は経営者として、スタッフに「○○の役職についてもらい!」と要望するときには緊張します。 快諾してくれるんだろうか? 自分の意図、期待は伝わるのだろうか? 断られやしないか?
 その役職をしてもらうことで、その人の成長に繋がるのだろうか? 本人の負担にならないか? 他のスタッフはどう感じるか? 多くの視点で考え、要請するかどうかの決断をします。
 当社では、基本的に正社員は管理者意識をもてるかどうか? という気持ちで人事採用を行っています。「経営者の気持ちは社員に伝わらない」「経営者は孤独だ!」と良く聞くことです。確かにそれは、経営者としての使命かもしれません。しかし、そういった壁は自分からはもちたくないと感じています。これは、責任を共有するのではなく、気持ちを共有したいからです。

 会社が良いときには社員にも還元できる。その逆のときは社員にも一緒に頑張ってもらう。そういった関係が私の目指すところです。 “管理者にはなりたくない”“私には向いていない”といった反応は、特に、介護業界では多くあることだと思います。
 他業種であれば名誉に感ずる事柄が、介護業界では「負担」「プレッシャー」という言葉で断ってしまう傾向がまれにあると思います。もちろん、向き不向きもあるので、そういったこともあると思いますが、要請するには理由があるのです。「この人だったら!」という想いが強いから、要請するものです。
 1日24時間のうち、仕事をする時間は8時間。休憩も合わせると9時間。通勤、準備の時間も合わせると11時間前後、約半日を仕事が中心になって生きていくわけです。家族、友人よりも長い時間をともにするわけです。そこまで自己の人生に影響があるのが仕事です。そのなかで自己を成長させていく気持ちをもつことが、よりよい人生になるのではないかと思います。
 それを私は、仕事だからと割り切ってしまうと寂しいと思います。仕事が楽しいと、私生活も充実する。私生活が充実すると、仕事に打ち込める。仕事で仲間(同僚)からとても認められたとします。そんな日は私生活も気分良く過ごせると思います。

 逆に仕事で失敗ばかりしてしまった日は、私生活は快適に過ごせるでしょうか? 人はそんなに器用ではないので、割り切ってオンオフを上手に切り替えることは難しいと思います。

 仕事は夢の追求。生きがいの追求。自己の人生の発表の場。

 いろんな表現がありますが、定年退職したときに、「これを成し遂げた!」「挑戦した!」「克服した!」等の心の財産をたくさんもつためには、縁があり従事している仕事を一生懸命し、私生活も楽しむことだと思います。
 ただ、遊んでいる人生では楽なようですが寂しく感じませんか? 私は何故、仕事をしてるのか? と聞かれたら「人に喜んでもらいたい」「誰かを助けたい」と言います。
 綺麗事に聞こえると思います。しかし、「人に喜んでもらう」ということの意味は、「自己重要感の確認」だからです。
 自分の行為によって人から認められる事が「やりがい」だと思います。


 9年前の5月頃の写真です。当時、本社は三鷹駅前にあり、会社を出てすぐにテツ&トモに遭遇。三鷹グルメの取材を受けました。懐かしい写真です。

 このときの自分から考えると、良くなった面、もっとできた面、いろいろありますが、今が最高になるように努力しようと再認しました。

【前の記事】

地域を元気にする

【次の記事】

習慣