メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

地域を元気にする

 地域を元気にするというと、何かコミュニティ向けの事業や取り組みが浮かぶと思います。そういった取り組みを行うことは大事ですが、なかなかできるものではありません。私自身も介護事業やフィットネスジム事業を通して地域貢献をするということが、理念の一つでもあります。
 昨日は伊勢崎市で開催された、友人であり、ビジネスパートナーでもある、キックボクシングKrush65王者の中澤純氏の祝勝会&壮行会がに招待していただき、閉会の挨拶をご指名いただきました。約170名が集う盛会となりました。


 来賓として、衆議院議員の石関貴史先生、井野俊郎先生、山本前橋市長なども参加されておりました。
 この会に参加して感じたことは、地域を元気にするというのは、何も大きなプロジェクトを推進していくだけではないということです。
 自分の夢、自分の想いを強くもち、進んでいくことで周囲を巻き込むということに繋がるということを感じました。


 自分はこうなりたい!
 自分は地域を代表して、この取り組みを行っていく!
 自分がこれを達成することで周囲を喜ばせたい!

 そういった強い想いを中澤純氏はもち続けて、周囲を巻き込んでいるのだと感じました。


 会社経営でも同様で、経営者がビジョン、理念を強くもっていることで、スタッフやお客様からの信頼、安心感に繋がり協力や応援を得られます。
 自分が夢を追うことで地域を元気にしている中澤氏の取り組みは本当に素晴らしいです!
 頑張っている人を見ると、自分も刺激を受けます。そして勇気づけられることも大きくあります。それはスポーツや仕事や趣味……何でも同じであり、何事でも一生懸命に取り組むことで人を惹きつけると思います。 自分の目指していること、好きなこと、夢を楽しく語れるか?


 自分の夢や取り組みに信念がなければいけないとも感じます。そこには、言葉だけでなく、自分自身の夢や取り組みをもったストーリー、プロセスが自然と出てくるはずです。そこに周囲は共感してもらえるのだと思います。
 夢が見つからない、したいことが見つからないという人もいると思います。私の尊敬する先生の一人である神田昌典先生は下記のようなことを言っております。

 やるべきことよりも、やらなくていいことを決める

 やらなくていいこと、好きではないことをリストアップし書き出していけば、したいことが見えてくるということです。今の自分の環境が……という状況もあるかもしれません。
 他者が自分の望むような環境にしてくれることを期待しても、自分の成長に繋がりません。今の自分の与えられた環境で、どう考え、どう取り組んでいくか?

 「幸せはいつも自分の心が決める みつを」
 相田みつをさんの言葉が的を得ていると思います。

【前の記事】

休暇

【次の記事】

自分のやりがい