メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

設立記念日

 2002年、24歳のときに「はっぴーライフ」を設立しました。

 2008年頃は、介護事業が今よりビジネス性があるということで、注目度も高く、特にデイサービスの参入を検討している企業や現場出身の方が多くいました。経営して少しずつ経験を積んでくると、介護事業を経営したい人からアドバイスを求められることも少しずつ増えてきました。私自身も時間の許す限り、一緒に事業所候補となる物件を探したり、一緒に事業計画を作るサポートをしたり、業者を紹介したりと、無償で行っていました。

 しかし、経営の傍ら、研修や経営相談を行うことが増加し続け、無償で行うことの社員への負担を感じたこともあり、自分自身のノウハウをしっかりと仕組み化し、コンテンツ化することを考えました。同時に、研修講師の依頼も増えてきました。そこで、介護事業を行う「株式会社はっぴーライフ」とは別に、2008年に設立したのが「エイチエル」です。

 そのエイチエルが設立9周年を迎えることができました。

 社名の意味は、“英知(エイチ)”を“得る(エル)”

 英知を得て、周囲に貢献するという意味で、社名にしました。エイチエルが今日で9周年となりました。自分の行ってきたことを必要としてくださる人に伝えること、また事業として仕事とすることで何よりも成長できたと実感します。

 今は介護事業の研修やコンサルティング事業のほか、フィットネスジムの経営も行っています。介護事業のインフォーマルの自費事業の実例も蓄え、発信できるよう仕組み化して行こうと思います。多くの方の応援と支援に感謝します。今後ともよろしくお願いします。

【前の記事】

できない理由

【次の記事】

時間管理