メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

スキルアップ?

 介護の仕事に従事するうえで、必要であったり、知識や技術の向上のために必要な資格はたくさんあります。介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員など、段階を踏んでスキルアップしていくことは必要なことです。

 自分自身の知識の幅を増やすことで、よりよいサービスを提供することにつながると思います。同時に手当てという形で給与にも反映されると思います。面接に来てくださる多くの方がスキルアップという意識が高く、面接させて頂いただく側としても意欲的で良い刺激をいただいています。

 スキルアップは大切なことです。ただし、資格を取得することだけに特化しすぎてしまっていることが多々あると思います。私自身、20歳のときから資格を多く取得してきました。履歴書の欄に記入しきれないくらい、取得しました。しかし、そのことによって、自分の業務に大きな影響があったとは感じませんでした。もちろん、自信につながり、知識の幅は増えたと思います。

 女性の利用者様との会話で、「私はこういった資格をもっているんです」ということを伝えたときのことです。

「資格も大事だけど、もっと違う事柄を多く知っていたほうが、利用する方はうれしいし安心するわ」

というアドバイスをいただきました。

「例えば、どんなことを知っていれば良いですかね?」

「そうね。私の出身は広島県なのは知ってるわよね。広島の名所や名産、県が舞台になった映画の話なんかできたらうれしいわ」

 資格も必要ですが、同時に違った知識も大切だと感じました。

 地図帳を買ってきて眺めたり、ニュースで「〇〇県の名産の〇が今が旬です」という話を聞いたら、メモして覚えたりしました。

 資格取得だけの自己投資だけでは、本当の意味でのスキルアップにはならないのではないかと思います。自己投資というと、お金を想像しがちですが、時間を投資することも必要だと思います。学生時代は、親に月〇万円という月謝を払ってもらい塾通いしていたのに、社会に出た途端、勉強を辞めてしまうことに矛盾を感じます。仕事をしているからこそ、勉強していく姿勢が大事だと思います。

tsujikawa161101-1

【前の記事】

長所を見る

【次の記事】

熊本、被災地の視察
tsujikawa161115-1