メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

誰かに貢献しているか?

 今、現在、自分は誰かに貢献できているか? と考えるときがあります。

 今日、何人の方を幸せにしましたか? 何を言っているんだ! と思わないでください。私はそんな貢献はしていない! そう感じる方も多くいるかもしれません。

 気づきましょう! 私たちは「誰」かを幸せにできているはずです。自分の存在価値を実感し、自己評価を高めるための1つの考え方ととらえてください。

 例えば、デイサービス。お客様(利用者様)が今日は20人来たとします。その方々が楽しく過ごせたら、単純に20人幸せにできたと思いますか? 私は違うと思います。

 その「×4」です。1人のお客様の背景には、最低その方を含め、3人の家族、身近な友人などがいるとします(実際はもっと多くいると思います)。

 そうすると80人幸せにしていることに貢献できているのです。いえ、80人では足りません。自分の同僚を忘れています。社員が10人だとします。90人です。もっとです。自分の家族、同僚の交友関係もです。

 例えば、自分が病気で休んだとします。そうなると、自分の代替えで、公休の方が出社したとします。そうなると、代替え出社した方と代替えした人と約束のあった方に、不都合が生じます。

 例えば、代替えした人の予定。恋人とデートの予定があったとします。約束の日、「今日、欠勤が出ちゃったから出社しなくちゃいけなくなった。今日、キャンセルね。ごめんね」これに似たような経験は誰もがあるのではないでしょうか?

 そういったことが起きず、なにげなく過ごしている自分の存在自体が、人に幸せをもたらしていると感じると、どうですか? 何を大げさな? と感じるかもしれません。

 自分自身の存在を大切に感じるからこそ、仲間をも大事に、真剣に思えるのではないでしょうか? そんなことを一生懸命考えることが、自分の使命感、責任感をを生むのだと思います!

辻川さん

【前の記事】

出会い

【次の記事】

長所を見る
tsujikawa161101-1