メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

出会い

 自分の知識、経験、見識等の不足を感じ、努力をしていくことは、大切なことです。

 私自身も、講演会の主催やセミナー講師、ホームページ作成支援、ブログ、動画などで自分が行ってきてこれは勧められる! 役に立つと感じたものを提供していく取り組みもしております。セミナーを主催するにしても、集客だけが目的ではありません(もちろん、ある程度の参加者がいないと運営はできません)。

 よく、「辻川社長は人脈がありますね!」と言われます。確かに知り合いや協力者は多くいます。実際に、自分のお世話になっている先生や知人を、別の人に紹介し縁をつなげることは、好きなほうで良く行っています。

 ただ、私はこの「人脈」という言葉に違和感を感じることがあります。人を自分のためだけに活かそうとするような意図が感じられるときです。人脈は、人脈と思っているときは本当の人脈ではないと思います。相互の利害関係での人脈も経営していくうえでは大切です。ただ、それだけでは寂しさを感じます。

 利害関係が少ない人脈を得るための方法として、講演会、研修に参加することがあります。私自身は、介護系のセミナーや研修にはあまり参加した経験はありません。むしろ、他職種の経営者やお坊さんの説法、座禅、大学教授のワークショップなどに参加するほうが多くありました。20代半ばから読書量も増え、会う人も増えました。会う人が増えるような行動を心がけました。

 どんな人と会いたいか? 交流を持ちたいか? 自分自身がどんな人と出会い、交流を持っていきたいのか? それを明確にしていくことが必要だと思います。

 現代はITが普及しているので、ブログやSNS等で同じ趣味や仕事をしている人との交流が容易になっています。ただ、実際にネット上だけではどんな人物かはわかりづらい点も多くあります。

 実際に会い、そして、その人の表情等から人柄を理解していくことが必要です。特に、勉強会や交流会等のようなものは、すべて同じではありませんが、目的、想い、取り組みなどが類似している人が集まる場だと思います。

 実際に、ある作家の方の出版記念パーティーで出会った人、お坊さんの説法会で出会った人などと出会い、友人ができたり、仕事で協力できる経営者との出会いもありました。自分のしたい方向性をしっかりともち、そういった人たちが集まるコミュニティを探すことも仕事をしていくうえで大事なことと思います。

【前の記事】

啐啄同時