メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

小さなことの積み重ね

 介護事業の経営とコンサルティングを行っていると、他の業界から介護業界に参入を考えているという相談を受けます。そこで私は「なぜ介護事業を行いたいのですか?」と尋ねます。

 その多くは「人の役に立ちたい」「誰かの介護をきっかけに」という動機です。しかし、話を伺っていると、今の仕事がうまくいっていないから、高齢社会だから介護事業は景気がよさそうだから…という本音がうかがい知れます。

 もちろん、悪いことではありません。事業として介護事業を行うことは必要です。しかし、本業がうまくいっていないという理由では、結局、何かのときに踏ん張りが利かなくなるでしょう、

 これはどんな事業でも同じだと思います。私は経営者として、職員育成もする立場にあります。正直に言うと、私が思うような経験や知識、本人が満足できる状態になれるようにできないことも多くあります。ある程度経験を積めば、それなりの役職や機会をもてるように心がけていますが、そこまで行き着かないこともあるのです。

 私自身や会社側の問題もありますが、本人の問題、本人の受け取り方も大きくあります。

 同じ育成方法で人は育ちません。その人に合った方法、接し方、期間などを考えて行うことが大切です。しかし、途中で投げ出す人は、何か理由をつけてできないことを正当化していきます。

 私が老人ホームに勤めていたとき、ある程度の戦力になる前に何度も辞めようと思いました。辞めることを正当化する理由がたくさん出ます。「主任が嫌味な人」「給与が正当でない」「自分はここでは向いていない」などです。

 今考えると、すべ自分の実力不足です。当社を途中で退職した職員に限らず、受講生でも転職を繰り返している人は多くいます。

 久しぶりに近況を知ると「相変わらず」と言うことが多くあります。結局は自分の課題に向き合って乗り越えていないから、同じような状況なのでしょう。

「人 状況 環境」

 それが違うだけで、同じような壁、例えば上司との関係や業務把握などで不満を感じて投げ出してしまいます。何事も継続していくことで見えてくるものがあります。「こんな無駄なこと」と感じても、経験を積むと大きな意味があったことがわかることがあります。

 私はフィットネスジムも経営しており、趣味程度ですがキックボクシングを行っています。キックボクシングのプロ選手は、スパーリングのような実践練習よりも、ロープや踏み台、シャドウを一生懸命に徹底して繰り返しています。

 話を聞くと、キックボクシングを始めたときから、プロである程度の戦績を残した現在まで、毎日継続しているそうです。

 プロになれない選手は、基礎である練習で挫折してしまうそうです。仕事でも同じだと感じます。小さなことを続けていくことを大事にしたいと思います。