メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

介護業界の電話対応

 会社にいると、電話に出ることがあります。訪問介護のヘルパーが利用者宅のサービスに入る確認の電話や、利用者や家族、付き合いのあるケアマネジャー、何らかの営業など、さまざまな電話がかかってきます。

 当社のケアマネジャーと連携をとっているショートステイや訪問介護、デイサービス事業所の担当者から電話がかかってくる際、ケアマネジャーが不在だと「ケアマネジャーの○○は今、席を外しており不在です」という旨を伝えます。

 そうすると、急に「○○サンの件ですが、こうで、ああで……」と早口で話し始める方がいます。

 伝言を伝えることはしますが、本来であれば「○○さんの件ですが、○○ケアマネジャーさんにご伝言お願いできますか?」と話してからすべきことです。それが、急に自分の用件だけを一方的に話す人がいます。他業界では滅多にないことですが介護業界ではよくあります。

 担当する利用者の情報共有は大事です。しかし事業所同士は、他法人であり取引先のような位置づけでもあります。いくら何でも非常識ではと感じることもあります。

 そういった初歩的な対応がおかしいと感じない事業所でも運営できているのです。他社との対応でこういったことが平気にできて、介護サービスのほうは大丈夫かと感じます。

 介護業界の問題点に、他社との電話対応の教育がされていないこともあるのではないでしょうか。より良い連携をとるためには、コミュニケーションの強化が大事です。中でも頻度の多い電話に関して、もっと質を高めていく必要があると感じます。