ページの先頭です。

ホーム >> アクティブシニアサポーターズ >> アクティブライフ入門
しえの好奇高齢者俳優・宍戸錠レポート

第43回 お誕生日

 私ごとですが、昨日、8月21日は、私の誕生日でした。
 幼い頃のバースデー・パーティーの記憶はあまりありません。何故なら入退院を繰り返していたからです。
 しかし、中学、高校と、忙しい父が何故か私の誕生日には現れたのです。母は一人旅をしたりと、その頃はあまり一緒にお祝いをしませんでした。

続きを読む

 私は小さい頃からイベント企画を立てるのが好きで、自身のバースデー・パーティーは勿論のこと、クリスマスや忘年会、新年会等は、必ず企画していました。
 だいたい、ホーム・パーティーが多く、ある時は実家の応接間のカーテンを閉め、暗くして、父が買ってきたカチカチと音のするストロボを照明にし、DJのように曲を繋いだカセットテープを作り、ディスコ・パーティーを催したりしました。そして、本格的に、入場場所、クローク等を設け、お友達の荷物を預かり、預札を渡したり、司会・進行も務めました。
 それは、中学生の時、父にディスコに連れて行かれ、その記憶を辿って再現したのです・・・
 そして、パーティーの後半に父は現れ、ジャンケンゲームを始めるのです。二階から登場し、大きな声で「それぞれ、パートナーを見つけてジャンケンをしろ! 勝ったヤツに取っておきのプレゼントがあるぞー!」
 そして、応接間のセンターに立ち、「いいか!! ジャン ケン ポン!! 」と、仕切り、私の司会の座を奪っていくのです。(笑)
 さんざん飲んで、話して、気が付いたら、皆の前から姿を消し、いつの間にか自分の部屋に戻り、とっておきのプレゼントは何処へやら・・・
 私がお酒を飲めるような年頃になった時は、お庭でバーべQパーティーをしてくれました。レンガを積み上げ、網を引き、バーべQソースは前日から作りと下ごしらえもプロ級です。
 出来上がったお肉は手掴みで、皆にどんどん配り、お腹一杯になっても、「いいから食え!!」と、宍戸錠から渡された友達は食べるしかありません。(笑)
 そして、いつものように、飲みながら作っている父は、気が付いたら自分の部屋に消えてしまうのです。
 宍戸錠が退場して、ホッとした私達は急に酔いが回り、だらけていきます。そこへグッド・タイミングで、三階へ繋がるバルコニーから、「ちゃんと片付けていけよ!!」と、大きな声で・・・
 酔っていた友達は、直立不動になり、大きな声で皆揃って、「はい!! ご馳走様でした!!」と・・・
 そして、また、「よ-し!!」と言って、部屋へと姿を消します。

 それから父とバースデー・パーティーはやることが無くなりました。が、最近、宍戸錠事務所を始めてから、また、毎年、バースデー・パーティーをやってくれるようになりました。去年は事務所の皆と集まり、ローストビーフを焼いてくれました。
 今年は震災のこともあり、こじんまりやろうと、父と私達夫婦でお食事に行きました。

sie110822.jpg

 私が生まれた時、父は、勿論、仕事で立ち会えませんでした。
 お祖母ちゃまと叔母さまが、家まで母と私を連れて行ってくれたそうです。
 そして、暫くして、父は柳瀬観監督作品『虎の子作戦』(宍戸錠主演、’63年日活)の沼津のロケから戻り、私に初めて会いました。
 そう。初めて私が父に会ってから、48年の月日が経ちました。
 もうすぐ、私も人生の折り返し地点に到達します。


※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
しえ
1963年東京生まれ。83年、20世紀バレエ団附属芸術学校ムードラ(ベルギー・ブリュッセル)にて特別研究生としてモダンバレエを学ぶ。パフォーマンス・アーティストとして活動。女優としてもドラマに出演。93年より俳優のマネージメントを始め、現在、宍戸錠事務所にて父・宍戸錠ほか俳優陣のマネージメントをするほか、エッセイストとして活動。連載エッセイ「しえの がんルネッサンス」(「月刊がんサポート」エビデンス社)、著書に闘病記『がんだってルネサンス』(母で作家の宍戸游子と共著、中央法規)がある。朝日新聞社医療サイトApitalに連載エッセイ「しえの子宮頸がんから始まる新しい旅」3/7(月) スタート。
http://www.mauamoanamana.com(公式サイト)
宍戸 錠 (ししど・じょう)
俳優。1933年生まれ。日大芸術学部中退、日活にニューフェイス第1期生として入社、日活黄金時代に石原裕次郎・赤木圭一郎・小林旭らとダイヤモンドラインとして活躍。“エースのジョー”の愛称で親しまれる。その後はテレビ「巨泉・前武ゲバゲバ90分」「食いしん坊!万才」などでも活躍。最近の出演作品にNHK大河ドラマ「天地人」、映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』、『ケータイ刑事 THE MOVIE 3』(公開中)など。
http://www.joeshishido.com(公式サイト)
メニュー
バックナンバー

文字の拡大