ページの先頭です。

ホーム >> アクティブシニアサポーターズ >> アクティブライフ入門
しえの好奇高齢者俳優・宍戸錠レポート

第36回 ろくでなしな野郎たちが、一番モテテいた

 「りーくんパパが、そっちに行かれるから・・・」と、母から連絡がありました。
 当時、私が留学していたベルギー・ブリュッセルにドラマのロケで二谷英明さんがいらっしゃり、二谷さんの宿泊されていたホテルへ、私は訪ねて行きました。
 ホテルのお部屋で、二谷さんと昔話に花が咲き、「リーは、まだまだ子供だよ・・・シーくんは偉いね。一人で留学していて・・・」等と、言われたこともありました。
 でも、あっという間に追い抜かれてしまいました。
 間もなく、二谷英明さんのお嬢さん、二谷友里恵さんはご結婚なされ、父と母と私でお祝いに・・・その後も、お母様になられ、二谷さんはおじい様に・・・
 二谷さん一家とは、父と母が結婚して、私が三歳になるまでご近所付き合いをしていました。その後も、父は職場でも一緒でしたし、山中湖にある通称“日活村”の別荘でも隣同士でしたので、夏の時間をともにしたり・・・

続きを読む

 毎年、行われる“日活仲間の会”
 ここ最近、父と一緒に参加させて頂いておりますが、二谷さんとはお会いしておりません。
 体調を崩されて、静養されていらっしゃるようですが、お父様思いのリーくんは、CMで二谷さんの映像を流していらっしゃるようです。ですので、よく、テレビでは、お見かけしております。
 二谷英明さんはアナウンサーを経て、日活に入社し、3期生です。『沖縄の民』(‘56年、古川卓巳監督)でデビューされ、『ろくでなし野郎』(‘61年、松尾昭典監督)で初主演し、『ろくでなし稼業』(‘61年、斎藤武市監督)、『用心棒稼業』(’61年、舛田利雄監督)、『みな殺しの拳銃』(’67年、長谷部安春監督)等で父と共演しています。そして、“ダンプガイ”の愛称でニューダイヤモンドラインのメンバーです。
 この間、取材で父は、「よく遊んだよ」
 「アイツとオレが一番、モテたかな」
 と、リーくんパパの話をしました。

 梅雨でジメジメしている午後、ビールのジョッキを強く握り締めた父が、ポツリと呟きました。
 「エーメーさん(皆さん、二谷さんのことをそう呼ばれます)に、会いに行ってやらないとな~」

rokudenashikagyo.jpg
『ろくでなし稼業』(VHSジャケット)


※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
しえ
1963年東京生まれ。83年、20世紀バレエ団附属芸術学校ムードラ(ベルギー・ブリュッセル)にて特別研究生としてモダンバレエを学ぶ。パフォーマンス・アーティストとして活動。女優としてもドラマに出演。93年より俳優のマネージメントを始め、現在、宍戸錠事務所にて父・宍戸錠ほか俳優陣のマネージメントをするほか、エッセイストとして活動。連載エッセイ「しえの がんルネッサンス」(「月刊がんサポート」エビデンス社)、著書に闘病記『がんだってルネサンス』(母で作家の宍戸游子と共著、中央法規)がある。朝日新聞社医療サイトApitalに連載エッセイ「しえの子宮頸がんから始まる新しい旅」3/7(月) スタート。
http://www.mauamoanamana.com(公式サイト)
宍戸 錠 (ししど・じょう)
俳優。1933年生まれ。日大芸術学部中退、日活にニューフェイス第1期生として入社、日活黄金時代に石原裕次郎・赤木圭一郎・小林旭らとダイヤモンドラインとして活躍。“エースのジョー”の愛称で親しまれる。その後はテレビ「巨泉・前武ゲバゲバ90分」「食いしん坊!万才」などでも活躍。最近の出演作品にNHK大河ドラマ「天地人」、映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』、『ケータイ刑事 THE MOVIE 3』(公開中)など。
http://www.joeshishido.com(公式サイト)
メニュー
バックナンバー

文字の拡大