ページの先頭です。

ホーム >> アクティブシニアサポーターズ >> アクティブライフ入門
しえの好奇高齢者俳優・宍戸錠レポート

第35回 ライオンキング 矢作俊彦さんの出版記念パーティーへ

 「とまどうペリカン」井上陽水。
 (歌詞=Yahoo JAPAN 「Music」参照

 ある、作家が母に「あなたにぴったりの曲です」と、プレゼントしてくれた1枚です。

続きを読む

 母と二人、母のベッドに横になり、この曲を何度も繰り返し聴きました。
 小さい頃の私にとって、父はライオン、百獣の王というイメージでした。母にとっても同様だったと思います。
 たまに家に帰ってくると、料理を作ってくれる父。その料理を手づかみで、私達の口の中に入れる。まるで、動物の家族のようでした。
 そして、家族のライオンキングは映画の世界でも同様のようです。
 ライオンキング 宍戸錠。
 そのボスライオンの座を狙っているライオンがいます。
 ライオンキングに尊敬の意を持ち、映画の中のライオンキングに憧れ、一体化し、今、噛み付こうとしています。
 ここ最近、父と私は月に一度はお会いしています。
 その、もう一匹のライオン、矢作俊彦さん。
 この度、『引擎/ENGIN』(新潮社)を出版され、先日、出版記念パーティーに父と参加しました。 
 錚々たる文豪達が集まった、フレンチレストランで、ライオンキングは、その座を狙おうとする、もう一匹のライオンにエールを送りました。
 矢作さんは、『AGAIN アゲイン』(宍戸錠主演)という、日活映画集大成の作品を監督なされ、他にも、『神様のピンチヒッター』、『ザ・ギャンブラー』(いずれも、宍戸錠出演)等を監督されています。ご存知の通り、宍戸錠フリークです。
 宍戸錠のこと、ハードボイルドを書いていらっしゃいます。

 二人の身体にアルコールが満タンになると、決まって、
 「勝負しようぜ!」と、矢作さん。
 「やるかー!!」と、父。
 それはまるで、ライオンの抗争!!
 傍から見れば、恐ろしい光景でしょう。

 でも、ライオンキングの娘は知っています。ライオン同士、ジャレあっているということを。
 そして、ジャレてばかりいないで、ライオンキングがサバンナ(映画界)を後にするまでに矢作さんに、1本撮って頂きたいと思っております。

 パーティーが終わった赤坂の街。
 鬣(たてがみ)を立てたライオンキングが暗闇に消えていく姿を、もう一匹のライオンは、じっと見つめながら、鬣を立てようとしていました。

sie110620.jpg
矢作俊彦さんの出版記念パーティーにて


※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
しえ
1963年東京生まれ。83年、20世紀バレエ団附属芸術学校ムードラ(ベルギー・ブリュッセル)にて特別研究生としてモダンバレエを学ぶ。パフォーマンス・アーティストとして活動。女優としてもドラマに出演。93年より俳優のマネージメントを始め、現在、宍戸錠事務所にて父・宍戸錠ほか俳優陣のマネージメントをするほか、エッセイストとして活動。連載エッセイ「しえの がんルネッサンス」(「月刊がんサポート」エビデンス社)、著書に闘病記『がんだってルネサンス』(母で作家の宍戸游子と共著、中央法規)がある。朝日新聞社医療サイトApitalに連載エッセイ「しえの子宮頸がんから始まる新しい旅」3/7(月) スタート。
http://www.mauamoanamana.com(公式サイト)
宍戸 錠 (ししど・じょう)
俳優。1933年生まれ。日大芸術学部中退、日活にニューフェイス第1期生として入社、日活黄金時代に石原裕次郎・赤木圭一郎・小林旭らとダイヤモンドラインとして活躍。“エースのジョー”の愛称で親しまれる。その後はテレビ「巨泉・前武ゲバゲバ90分」「食いしん坊!万才」などでも活躍。最近の出演作品にNHK大河ドラマ「天地人」、映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』、『ケータイ刑事 THE MOVIE 3』(公開中)など。
http://www.joeshishido.com(公式サイト)
メニュー
バックナンバー

文字の拡大