ページの先頭です。

ホーム >> アクティブシニアサポーターズ >> アクティブライフ入門
しえの好奇高齢者俳優・宍戸錠レポート

第34回 鈴木清順監督にオファーを

 この間、父と都心に出掛けた際、通りがかった一軒のお店。そこは、黒澤明監督の息子さんが、プロデュースされているお店でした。
 父も私も大人になった(年をとったとは言わず)のか、さっぱりと、父はおろし蕎麦、私はとろろ蕎麦を頂きました。
 お店には、黒澤明監督の撮影風景の写真が飾られていました。
 そんな黒澤監督の写真を見ながら、日活のスタッフから受けた、企画の説明を私は父に話し始めました。

続きを読む

 父のいた日活は、もう、来年で100周年になります。その100周年記念に向けて、いろいろと企画が進んでいます。
 その中の一つに、今年の10月からニューヨーク・リンカーン・センターを皮切りに世界巡回上映が始まります。そして、1年かけて、巡回上映していくそうです。
 日活は日本でもっとも古い映画会社です。
 この企画では、1920年代の貴重な作品から近年の大ヒット作品までの40本を上映するそうです。
 そして、何故かその世界用のポスターに宍戸錠の写真が起用されました。そう、今、ご健在の中で一番古いのが父です。
 つい、この間、お会いしましたが、車椅子の移動ではありますが、元気でいらっしゃる鈴木清順監督。父は『肉体の門』(’64年)に出演しました。そして、やはり世界でも評価が高い、監督の作品『殺しの烙印』(’67年、宍戸錠主演)は、代表作の一つではないでしょうか・・・
 しかし、この作品は、当時の日活社長・堀久作氏の逆鱗に触れ、鈴木清順監督が日活を後にした作品でもあります。そして、そのことは、ファンや映画関係者がデモを行うなど、社会問題にまで発展したとか・・・
 そんな巨匠、鈴木清順監督作品『東京流れ者』(’66年)や、マキノ正博監督、川島雄三監督、今村昌平監督、神代辰巳監督の作品が上映される予定です。
 私も楽しみにしています。
 そして、昔の作品を観るという以外に、もう一作、鈴木清順監督には映画を撮って頂きたいです。
 そして、その作品の中の宍戸錠を観てみたいです。
 そう思うのは、私だけでしょうか・・・

sie110613.JPG
日活100周年(2012年9月10日)ポスター
(2011 Nikkatsu Corporation)


※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
しえ
1963年東京生まれ。83年、20世紀バレエ団附属芸術学校ムードラ(ベルギー・ブリュッセル)にて特別研究生としてモダンバレエを学ぶ。パフォーマンス・アーティストとして活動。女優としてもドラマに出演。93年より俳優のマネージメントを始め、現在、宍戸錠事務所にて父・宍戸錠ほか俳優陣のマネージメントをするほか、エッセイストとして活動。連載エッセイ「しえの がんルネッサンス」(「月刊がんサポート」エビデンス社)、著書に闘病記『がんだってルネサンス』(母で作家の宍戸游子と共著、中央法規)がある。朝日新聞社医療サイトApitalに連載エッセイ「しえの子宮頸がんから始まる新しい旅」3/7(月) スタート。
http://www.mauamoanamana.com(公式サイト)
宍戸 錠 (ししど・じょう)
俳優。1933年生まれ。日大芸術学部中退、日活にニューフェイス第1期生として入社、日活黄金時代に石原裕次郎・赤木圭一郎・小林旭らとダイヤモンドラインとして活躍。“エースのジョー”の愛称で親しまれる。その後はテレビ「巨泉・前武ゲバゲバ90分」「食いしん坊!万才」などでも活躍。最近の出演作品にNHK大河ドラマ「天地人」、映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』、『ケータイ刑事 THE MOVIE 3』(公開中)など。
http://www.joeshishido.com(公式サイト)
メニュー
バックナンバー

文字の拡大