ページの先頭です。

ホーム >> アクティブシニアサポーターズ >> アクティブライフ入門
しえの好奇高齢者俳優・宍戸錠レポート

第32回 やはり雨でした・・・長門裕之さんご冥福をお祈り申し上げます。

 かなり疲れていました。
 私は海が見たくなり、湘南方面へ出かけました。
 午後の海辺を歩きます。まだ、ちょっと早すぎたようです。薄着で来てしまったので、潮風が体を突き刺します。
 しらすを食べようと、お魚屋さんに入りました。生しらすの軍艦巻きが何故か食べたくなって・・・
 週末なので、お店は賑わっています。
 「品切れです」
 しらすにあり付けなかった私は、今度、来た時にしようと、海辺をドライブしながら帰路に向います。
 車窓を開けると、潮風ではなく、雨風の香がしました。
 私は車窓を閉め、しばらくボーっと海を眺めていると、携帯の音が車内に響きました。
 「あー、週末ぐらい仕事したくない!!」と、思ったのですが、マネージャー本能が、携帯を手に取ります。
 受話器の遠くの方から、「長門裕之さんがお亡くなりになり、急遽、錠さんに・・・」
 「―――――――」
 私は言葉を失いました。
 「もしもし、もしもし、―――」と、テレビ局の方、
 暫くして、「はい」と、私。

続きを読む

 翌日、雨の中、テレビ局に向う車中、タイムスリップしている父。
 長門裕之さんは、父と同じ77歳、昭和9年生まれ。(父は昭和8年ですが)
 父は「アキオちゃん」と、本名で長門さんのことを呼んでいました。
 長門さんは、芸能一家にお生まれになり、沢山の作品に出演されました。父とは、『危いことなら銭になる』(1962年、中平康監督、宍戸錠主演)で、共演しています。

 テレビ局に着き、生放送の本番が始まり、日活風の口調で語る父。
 しかし、ふと、重なったのでしょう・・・
 「ユウコ(母のペンネーム)って、何かと呼んじゃうんだよ・・・振り返るといないんだよ・・・」
 長門さんも、同じであったでしょう。

 さすがの私もうつ状態になっている気がします・・・
 次の日も一睡もせず、テレビ局の生放送。そして、父と二人、長門さんとのお別れをしに、お通夜へ。
 タクシーに乗ればいいのに、坂の多い、麻布あたりを無言で斎場へ向い、歩く父。後遺症でダメになった足を引きずりながら、父の後ろを歩く私。
 本当に、父と同年代の方の悲しい知らせばかりです。
 死について考えてしまいます。
 長門裕之さんは、天国に逝かれ、南田洋子さんと、今度は穏やかに永遠に暮らされることでしょう。
 今日も、やはり、雨でした・・・

shishido-vol32.jpg
俳優・長門裕之さんの通夜に参列した宍戸錠 (C)ORICON DD inc.


※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
しえ
1963年東京生まれ。83年、20世紀バレエ団附属芸術学校ムードラ(ベルギー・ブリュッセル)にて特別研究生としてモダンバレエを学ぶ。パフォーマンス・アーティストとして活動。女優としてもドラマに出演。93年より俳優のマネージメントを始め、現在、宍戸錠事務所にて父・宍戸錠ほか俳優陣のマネージメントをするほか、エッセイストとして活動。連載エッセイ「しえの がんルネッサンス」(「月刊がんサポート」エビデンス社)、著書に闘病記『がんだってルネサンス』(母で作家の宍戸游子と共著、中央法規)がある。朝日新聞社医療サイトApitalに連載エッセイ「しえの子宮頸がんから始まる新しい旅」3/7(月) スタート。
http://www.mauamoanamana.com(公式サイト)
宍戸 錠 (ししど・じょう)
俳優。1933年生まれ。日大芸術学部中退、日活にニューフェイス第1期生として入社、日活黄金時代に石原裕次郎・赤木圭一郎・小林旭らとダイヤモンドラインとして活躍。“エースのジョー”の愛称で親しまれる。その後はテレビ「巨泉・前武ゲバゲバ90分」「食いしん坊!万才」などでも活躍。最近の出演作品にNHK大河ドラマ「天地人」、映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』、『ケータイ刑事 THE MOVIE 3』(公開中)など。
http://www.joeshishido.com(公式サイト)
メニュー
バックナンバー

文字の拡大