ページの先頭です。

ホーム >> アクティブシニアサポーターズ >> アクティブライフ入門
しえの好奇高齢者俳優・宍戸錠レポート

第31回 宮城県の仲間達

 宮城県の復興は、まだまだ時間がかかります。
 父は宮城県に疎開していました。
 小学校、中学校、高校と白石という町で過ごしました。
 現在、父は77歳。喜寿ですが、去年まで宮城県の仲間たちとの同窓会は続いていました。
 その同窓会は毎年、いろいろな場所で集まり、後半は、海外にも旅行に行ったりしていました。オーストラリア、マレーシア、上海と・・・
 宮城県の仲間達からは、「ジョッチャン」と、少し訛った音で呼ばれる父。そこにはエースのジョーの姿はありません。
 小さい時から、ガキ大将で、リーダー的存在だった父は、今でも皆のリーダーです。そして、そのリーダーは一人、高校を出て、上京しました。
 上京した父は、大学に通いながら下宿先で、マージャンをしながら、新しい仲間達と夢を語り合ったそうです。
 「演劇、映画を志した当時の若者達が、自然に仲間意識を持って、集合したのは、WHAT? WHY? 何故かそういう運命的な出逢いを持っていたのは、誰かが? そうしたのか? オレには判らない」と、父は言います。
 その青年達は、菅原文太さん、浅利慶太さん、金森馨さん等、今、考えれば、そうそうたるメンバー。
 その中で父は日活俳優に。菅原文太さんは劇団四季に入団。その後、新東宝へ。
 宮城県から上京してきた青年達の夢は叶いました。
 それから20年の歳月を経て、菅原文太さんと宍戸錠は深作欣二監督作品「仁義なき戦い」で、共演することになりました。

続きを読む

 六本木ヒルズの中のホテルで、お洒落なビジネスマン達がお茶を飲んでいます。
 グラスを父に渡すウエイトレス。続いて、ビールを注ぐウエイトレス。本日は取材でここを訪れました。
 2本目のビールに差し掛かった頃、父は取材内容の役柄に入り込み、台詞を言いながら再現します。ラウンジの一角だけが、映画のワンシーンにタイムスリップします。と、同時に遠くを見つめながら、宮城県の仲間のことを思っているのでしょうか・・・
 「こんなことで負けないよ! オレの仲間は・・・」

032.JPG
※徳間書店「アサヒ芸能」“38年の真実 仁義なき戦い”第4回 宍戸錠  5月24日(火)発売


※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
しえ
1963年東京生まれ。83年、20世紀バレエ団附属芸術学校ムードラ(ベルギー・ブリュッセル)にて特別研究生としてモダンバレエを学ぶ。パフォーマンス・アーティストとして活動。女優としてもドラマに出演。93年より俳優のマネージメントを始め、現在、宍戸錠事務所にて父・宍戸錠ほか俳優陣のマネージメントをするほか、エッセイストとして活動。連載エッセイ「しえの がんルネッサンス」(「月刊がんサポート」エビデンス社)、著書に闘病記『がんだってルネサンス』(母で作家の宍戸游子と共著、中央法規)がある。朝日新聞社医療サイトApitalに連載エッセイ「しえの子宮頸がんから始まる新しい旅」3/7(月) スタート。
http://www.mauamoanamana.com(公式サイト)
宍戸 錠 (ししど・じょう)
俳優。1933年生まれ。日大芸術学部中退、日活にニューフェイス第1期生として入社、日活黄金時代に石原裕次郎・赤木圭一郎・小林旭らとダイヤモンドラインとして活躍。“エースのジョー”の愛称で親しまれる。その後はテレビ「巨泉・前武ゲバゲバ90分」「食いしん坊!万才」などでも活躍。最近の出演作品にNHK大河ドラマ「天地人」、映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』、『ケータイ刑事 THE MOVIE 3』(公開中)など。
http://www.joeshishido.com(公式サイト)
メニュー
バックナンバー

文字の拡大