ページの先頭です。

ホーム >> アクティブシニアサポーターズ >> アクティブライフ入門
しえの好奇高齢者俳優・宍戸錠レポート

第29回 ハードボイルドからソフトボイルドへ

 「この辺はじゃんじゃん横チョがあったとこなんだよな。知ってるか?」と、父。
 「知らない」と、私。
 ユーロスペースという、渋谷の文化村近くの円山町の映画館の前の居酒屋に、少し時間があるので、私たちは入りました。
 「本当はこれから貸切だけど、まだ、ボチボチしか来てないから特別にいいよ。食べてって」と、居酒屋のオヤジさん。
 映画のポスターが壁中に貼ってあり、どうやら、映画好きの人達が集まる場所のようです。

続きを読む

 本日は『骨まで愛して』(1966年、日活)の上映会。父の作品でデビューした、渡哲也さん主演、斉藤武市監督作品です。日活としては異作のプロモーションビデオのような映画。城卓矢さんが歌うヒット曲『骨まで愛して』をモチーフにして創られたものです。恋愛、アクション、ダンス、歌、サスペンスと盛り沢山の映画のヒロイン役は、浅丘ルリ子さん、松原智恵子さん。父の弟、郷鍈治さんも出演しています。
 上映後、宍戸錠のトークショーがありました。
 「この映画の撮影の時、何本も掛け持ちで、まったく寝ていなかったよ」と、錠。
 「夜中、2時間ぐらい、自宅に家庭教師に来てもらい、タップダンスをマスターしたりしたなあ・・・」
 そう、子供の頃、夜中、タップのカタコトという音で眠れなかった思い出が・・・そして、クラッシック・バレエをやっていた私は、父のタップの先生の振り付けを全部覚えてしまい、父に教えたような記憶があります。とにかく、スポーツ、芸術、料理等、役のために真剣に取り組み、挑戦する父なのです。親子の会話はありませんでしたが、共通の事柄、特に私の得意分野である踊りに関しては、親子の対話をしたように思います。
 映画は時の記憶を思い起こしてくれます。父も私も日活映画を観ながら、昔を振り返りました。

 帰り路、前の車が危険な割り込みをしてきました。
 「昔だったら、バカヤロー、オモテニデロ!!って言うけどな」と、父。
 「まあ、そういうのはやめておこう・・・」
 仕事もプライベートもハードボイルド・ジョーだった父は、プライベートはソフトボイルド・ジョーにと、二つを使い分けられる父になってきました。
20110509.jpg
映画大賞2011特別部門「蘇る名画」受賞作『骨まで愛して』('66)上映+「エースのジョー」こと宍戸錠トークショー
4/28(木)オーディトリウム渋谷にて、ファンの方とのサイン会より
(サインしているジャケットは、鈴木清順監督、宍戸錠主演『殺しの烙印』(1967年、日活)の北米版DVD)


※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
しえ
1963年東京生まれ。83年、20世紀バレエ団附属芸術学校ムードラ(ベルギー・ブリュッセル)にて特別研究生としてモダンバレエを学ぶ。パフォーマンス・アーティストとして活動。女優としてもドラマに出演。93年より俳優のマネージメントを始め、現在、宍戸錠事務所にて父・宍戸錠ほか俳優陣のマネージメントをするほか、エッセイストとして活動。連載エッセイ「しえの がんルネッサンス」(「月刊がんサポート」エビデンス社)、著書に闘病記『がんだってルネサンス』(母で作家の宍戸游子と共著、中央法規)がある。朝日新聞社医療サイトApitalに連載エッセイ「しえの子宮頸がんから始まる新しい旅」3/7(月) スタート。
http://www.mauamoanamana.com(公式サイト)
宍戸 錠 (ししど・じょう)
俳優。1933年生まれ。日大芸術学部中退、日活にニューフェイス第1期生として入社、日活黄金時代に石原裕次郎・赤木圭一郎・小林旭らとダイヤモンドラインとして活躍。“エースのジョー”の愛称で親しまれる。その後はテレビ「巨泉・前武ゲバゲバ90分」「食いしん坊!万才」などでも活躍。最近の出演作品にNHK大河ドラマ「天地人」、映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』、『ケータイ刑事 THE MOVIE 3』(公開中)など。
http://www.joeshishido.com(公式サイト)
メニュー
バックナンバー

文字の拡大