ページの先頭です。

ホーム >> アクティブシニアサポーターズ >> アクティブライフ入門
しえの好奇高齢者俳優・宍戸錠レポート

第22回 バイタリティーある好奇好齢者俳優・宍戸錠ときどき専業主

 前回に少し書きましたが、株式会社ライオンにレポートに行くロケの仕事のため、江戸川区の研究所に、父と私と太田剣で向いました。
 車の中で父の荷物を真っ先に私は点検しました。
 よかった!! ソーセージや肉などの餌は、カバンの中に入っていませんでした。・・・なんせ、先日、番組内容を説明した際、ライオンに会いに行くと勘違いしていた父だったので・・・(笑)

続きを読む

 隅田川の近くを、私たちの車は走ります。初めて私達は間近にスカイツリーを見ました。まもなく、ライオンの研究所に到着しました。広々としたリゾート地のようです。何だか、家族旅行にでも来たような錯覚に陥りました。
 お弁当をいただき、まだまだ、旅行気分は覚めません。
 スタッフの方が、「お待たせいたしました。それではスタンバイ出来ましたので」と、迎えに来て、父にマイクを付けました。
 父は宍戸錠に変身しました。
 最初は[洗濯洗剤]。
 父は得意げに「ぼくはこの洗剤で洗濯しているよ!」と、ライオンの方に話すと、「御自分でなさるんですか?!」と驚かれていました。

 このあいだ、東京に雪が降った次の日、庭に積もった雪が太陽に反射して眩しいなか、私は沢山の洗濯物が、空に向けて手を振っているような風景を父の家で見ました。それは、まるで映画『幸せの黄色いハンカチ』のように、父から母への「今でも待ってる」というメッセージのように私は感じました。ぼーっと空を見ていた父に「洗濯したの?」と声をかけると、そそくさと、何十枚も干してある洗濯物を取り込み始めました。

 そんな、専業主でもある父ですが、本日は俳優・宍戸錠として、次のコーナーの[浴槽の汚れを取る洗剤]の研究場所へ。そして、次のコーナーへと7カット以上を休みなくやりとげました。スタッフの方が「控室でセッティングのときはお休み下さい」と言って下さったにも拘らず、現場を決して離れることなく。これは、若い人でも一回のロケで寝込んでしまう程、大変なのですが・・・ちなみに私は帰って熱が出てしまいました。

 仕事を終えて家に戻った父は、俳優・宍戸錠の顔から専業主に戻り、ライオンではなく愛犬に餌をやり、洗濯物をたたみはじめました。
 77歳!!  本当にバイタリティーのある好奇好齢者俳優・宍戸錠です!!

009.JPG

010.JPG

テレビ朝日系列「シルシルミシルさんデー」3月6日(日) 18:56~19:58 放送


※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
しえ
1963年東京生まれ。83年、20世紀バレエ団附属芸術学校ムードラ(ベルギー・ブリュッセル)にて特別研究生としてモダンバレエを学ぶ。パフォーマンス・アーティストとして活動。女優としてもドラマに出演。93年より俳優のマネージメントを始め、現在、宍戸錠事務所にて父・宍戸錠ほか俳優陣のマネージメントをするほか、エッセイストとして活動。連載エッセイ「しえの がんルネッサンス」(「月刊がんサポート」エビデンス社)、著書に闘病記『がんだってルネサンス』(母で作家の宍戸游子と共著、中央法規)がある。朝日新聞社医療サイトApitalに連載エッセイ「しえの子宮頸がんから始まる新しい旅」3/7(月) スタート。
http://www.mauamoanamana.com(公式サイト)
宍戸 錠 (ししど・じょう)
俳優。1933年生まれ。日大芸術学部中退、日活にニューフェイス第1期生として入社、日活黄金時代に石原裕次郎・赤木圭一郎・小林旭らとダイヤモンドラインとして活躍。“エースのジョー”の愛称で親しまれる。その後はテレビ「巨泉・前武ゲバゲバ90分」「食いしん坊!万才」などでも活躍。最近の出演作品にNHK大河ドラマ「天地人」、映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』、『ケータイ刑事 THE MOVIE 3』(公開中)など。
http://www.joeshishido.com(公式サイト)
メニュー
バックナンバー

文字の拡大