ページの先頭です。

ホーム >> アクティブシニアサポーターズ >> アクティブライフ入門
しえの好奇高齢者俳優・宍戸錠レポート

第12回 ”大橋巨泉さんのプール付きの豪邸は私の家でもありました?!・・・「ゲバゲバ ピー!!」”

 幼いころ、父は家にいることはあまりなく、私にとって「テレビに出ている人」が、たまに我が家に現れる。という感じでした。

続きを読む

 アポロ11号の月面着陸が全世界から注目を浴びた1969年。その年の10月から日本テレビ系で始まった、それまでにはない画期的なバラエティ番組。当時、活躍されていた人気放送作家の大橋巨泉さんと前田武彦さんをMCに、井原高忠プロデューサーが映画俳優であった宍戸錠に士気を上げさせ、藤村俊二さん、小松方正さん等、女優に浅丘雪路さん、吉田日出子さん、小川知子さん等、私も大好きだったロンパールームの「みどり先生」うつみ宮土理さん、歌手にジュディ・オングさん等、お笑いのプロには、コント55号、クレージー・キャッツ等のそうそうたるメンバーで構成された「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」。
 この番組はメンバーがショートコントをし、オチに必ず、「ゲバゲバ ピー!!」と髭のおじさんが舌を出すのです。

 メンバーの方々は、たまに我が家に宍戸錠と共に現れましたが、中でも大橋巨泉さんはよく、お見えになりました。ですから、親戚のおじさんのように私は思っておりました。
 そして、大橋巨泉さんはついに、我が家のお向かいに家を建てられたのです。
 土地の広さ、建物の高さを我が家と全て揃え、我が家を設計した建築家にし、両家がまるで対話をしているように建てられました。ですから、ますます、親戚同然のように大橋巨泉さんの家と行き来していました。
 大橋邸にはプールがあり、私はよく泳ぎに行きました。泳いだ後はサウナに入り、美味しいジュースとタオルを巨泉さんの奥様が用意して下さり、どちらの家の子かわからないほど、入り浸っていた記憶があります。
 そして、「家にプールがあるから遊びに来て」と小学校から沢山お友達を連れて、大橋巨泉邸に、我が家に帰らず直接行き、自分の家のプールのように遊んでおりました。
 「しえのママ、モデルさん? お姉さんみたいだね」
 「そうでしょう」
 「なんてね・・・」と私。
 そして、ジョークの後は決まって、父と私の合言葉「ゲバゲバ ピー!!」

gebageba90.jpg


※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
しえ
1963年東京生まれ。83年、20世紀バレエ団附属芸術学校ムードラ(ベルギー・ブリュッセル)にて特別研究生としてモダンバレエを学ぶ。パフォーマンス・アーティストとして活動。女優としてもドラマに出演。93年より俳優のマネージメントを始め、現在、宍戸錠事務所にて父・宍戸錠ほか俳優陣のマネージメントをするほか、エッセイストとして活動。連載エッセイ「しえの がんルネッサンス」(「月刊がんサポート」エビデンス社)、著書に闘病記『がんだってルネサンス』(母で作家の宍戸游子と共著、中央法規)がある。朝日新聞社医療サイトApitalに連載エッセイ「しえの子宮頸がんから始まる新しい旅」3/7(月) スタート。
http://www.mauamoanamana.com(公式サイト)
宍戸 錠 (ししど・じょう)
俳優。1933年生まれ。日大芸術学部中退、日活にニューフェイス第1期生として入社、日活黄金時代に石原裕次郎・赤木圭一郎・小林旭らとダイヤモンドラインとして活躍。“エースのジョー”の愛称で親しまれる。その後はテレビ「巨泉・前武ゲバゲバ90分」「食いしん坊!万才」などでも活躍。最近の出演作品にNHK大河ドラマ「天地人」、映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』、『ケータイ刑事 THE MOVIE 3』(公開中)など。
http://www.joeshishido.com(公式サイト)
メニュー
バックナンバー

文字の拡大