ページの先頭です。

ホーム >> アクティブシニアサポーターズ >> アクティブライフ入門
しえの好奇高齢者俳優・宍戸錠レポート

第7回 [ジョーの子守歌♪]・・・南田洋子さんは優しい人でした。

 事故で奥様を失くされたスタッフの方と、仕事の帰りにインドレストランに行きました。
 食事をしながら、2杯目のビールを飲んでいた父は、「おーい、オレの明日の書類は何処だっけ?」
 「『おーい! 聞こえてるのか?』と、ついつい言ってしまうんだよな」と、亡き母に呼びかけてしまう話をしだしました。
 「わかります。僕もそうです」
 ついつい、同じ境遇の方がいたからなのか、雨脚が強いからなのか・・・

続きを読む

 「男の人より先に逝ったら、男の人は本当に一人で生きていけないから・・・」と、生前、母と散歩をしながらよく、そんな話をしていました。
 「お酒、飲むし、JI(母と私は父のことをジイと呼んでいました)の方がヤバイわね」と母。
 「『憎まれっ子世に憚る!』だから、意外とJIの方が長生きするかも?!」と私。
 そんな、やり取りを我が家以外でも、よく耳にしました。しかし、現実は、強い彼女達は、自由奔放な男達をおいて、天国へ先に逝ってしまいました。
 今まで、彼女達に苦労をかけたバツでしょうか。

 先日、テレビをふと、つけたら「昨年の今日、10月21日にお亡くなりになられました」と、生前の闘病中の南田洋子さんが出ておられました。
 南田洋子さんは、1955年に大映から日活に移籍され、「太陽の季節」で、長門裕之さんと共演なされたのを期に、1961年からおしどり夫婦としてやってこられました。
 南田さんが認知症になられてから、ずっと、サポートなされてきた長門裕之さん。
 しかし、惜しくも、天国に逝ってしまった南田洋子さん。 
 当時、既に大スターであった南田洋子さんに「よく、お肉をご馳走になった」「皆に気を配ってくれるやさしい人だった」と父は話します。
 そんな素敵な南田洋子さんと共演した、宍戸錠主演「赤い荒野」より、[ジョーの子守歌]を先週、父は歌いました。≪10月31日「サンデー・マティネ・コンサート「語りす人(かたりすと) 」、本連載第6回(10/25)参照≫
 「ヤンチャな男の子(おじいさん)たちを置き去りにしないよう、皆様、奥様を大切にしましょう」
 若輩者ですが、父の歌を聞いて、そう、私は思いました。


sie101101.jpg
「赤い荒野」(1961年/日活/監督:野口博志)


コメント


『赤い荒野』が撮影された農場が、実家です。
撮影当時母のお腹のなかでしたが、20年くらい前地元小学校新築記念の上映会で観ました。
DVD化を知ってすぐ購入し、子どもにも観せました。
日本でウエスタン? でも、おもしろくてかっこいい映画だと、思います。
お~れの行く手を♪ という歌もいい感じ。


投稿者: 匿名 | 2011年08月19日 02:19

※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
しえ
1963年東京生まれ。83年、20世紀バレエ団附属芸術学校ムードラ(ベルギー・ブリュッセル)にて特別研究生としてモダンバレエを学ぶ。パフォーマンス・アーティストとして活動。女優としてもドラマに出演。93年より俳優のマネージメントを始め、現在、宍戸錠事務所にて父・宍戸錠ほか俳優陣のマネージメントをするほか、エッセイストとして活動。連載エッセイ「しえの がんルネッサンス」(「月刊がんサポート」エビデンス社)、著書に闘病記『がんだってルネサンス』(母で作家の宍戸游子と共著、中央法規)がある。朝日新聞社医療サイトApitalに連載エッセイ「しえの子宮頸がんから始まる新しい旅」3/7(月) スタート。
http://www.mauamoanamana.com(公式サイト)
宍戸 錠 (ししど・じょう)
俳優。1933年生まれ。日大芸術学部中退、日活にニューフェイス第1期生として入社、日活黄金時代に石原裕次郎・赤木圭一郎・小林旭らとダイヤモンドラインとして活躍。“エースのジョー”の愛称で親しまれる。その後はテレビ「巨泉・前武ゲバゲバ90分」「食いしん坊!万才」などでも活躍。最近の出演作品にNHK大河ドラマ「天地人」、映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』、『ケータイ刑事 THE MOVIE 3』(公開中)など。
http://www.joeshishido.com(公式サイト)
メニュー
バックナンバー

文字の拡大