ページの先頭です。

川村匡由の人生設計ゆとりサロン 2011年02月

雇用を考える(4) 

■不安定な政局もあって予断を許さない情勢

 さて、このような雇用問題に対し、民主党政権はこの年末、通訳業など専門性の高い業務などを除く登録型の派遣業の禁止をはじめ、雇用契約の期間の長い製造業における常用型以外の労働者派遣、日雇いや雇用契約が3か月以内の派遣の禁止、派遣社員と派遣先社員との賃金などの均衡待遇の考慮などを主とした労働者派遣法の改正案を明らかにしています。



雇用を考える(3) 現実の雇用環境と地域社会

■少子高齢化と人口減少

 では、政治と経済は常に“車の両輪”のように好転しているのでしょうか。残念ながら、答えは「ノー」です。



雇用を考える(2) 法律上の権利と義務

■「納税の義務」を例に考える

 ところで、一般的に権利とは国民が国に対して主張できる法的な行為ですが、その権利の行使によって保障され、提供されるべき行政サービスが不十分であれば、権利は「絵に描いた餅」に終わってしまいます。



雇用を考える(1) 加速する貧困化

■“新たな貧困”の実態

 「100年に1度の経済危機」(?)といわれ、また、経済のグローバル化ということもあってか、2010(平成22)年11月現在、有効求人倍率は0.57人という状況にあります。これに伴い、完全失業率は依然として5%台と高止まりしており、シニア世代や若者の失業者は318万人、このうち、1年以上失業している人は128万人と半数近くに及んでいます。



ページトップへ
プロフィール

kawamura2.jpg
川村匡由
(かわむら まさよし)
社会福祉学者・博士(人間科学・早稲田大学)、行政書士有資格、福祉デザイン研究所所長。シニア社会学会理事、世田谷区社会福祉事業団理事、元大学基準協会評価委員、元社会福祉士試験委員。

主著に『地域福祉とソーシャルガバナンス』(中央法規出版)、『社会保障論(編著)』、(ミネルヴァ書房)、『人生100年"超"サバイバル法』(久美出版)など。山岳紀行家としても知られており、本サイトで「山歩きのすすめ」などを寄稿している。

川村匡由+福祉デザイン研究所のホームページ http://www.geocities.jp/ kawamura0515/

50代からの人生設計
メニュー
バックナンバー

文字の拡大