メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

第21話 祈りの朝

祈りを捧げたニテロイのイカライ海岸

 薬を飲まずに過ごし始め数日が経った。体が軽くなり、頭がスッキリし、入院前の自分の感覚を取り戻した感じがした。外界から入ってくる色彩、匂い、情報などを自分の脳がしっかり処理し、それを自分の感性で受け止められているという実感があった。「これが人間本来の姿だ」と魂から込み上げてくる生きる喜びを噛みしめていた。

 不思議なことに僕は空腹を感じなくなっていた。煙草と水があればそれだけでよかった。睡眠欲も全くなかった。とにかく頭が冴えわたって気分爽快だった。この現象についてはタカツカヒカル[1]を思い出していた。『未知への旅人』というタイトルで映画化もされた彼は睡眠をほとんど取らず、かなりのヘビースモーカーだった。そんなエピソードと自分自身を重ね合わせることで、僕はさらに自己肯定を深めていった。

 退院から一週間ほど経ったころ、僕はいつものように近所の散策に出かけた。大地から湧き出てくる強力なエネルギーを直に感じ取ろうと、散策するときは決まって裸足だった。

 僕は夜明け前の街が一番好きだった。お決まりのコースを散策した後、日の出を待つため海岸へと辿り着いた。浜辺に腰を下ろし、ぼんやりと明るくなっていく景色を眺め、この留学の意義や、自分のアイデンティティについて考えていた。そして、目の前に広がる母なる海へ祈りを捧げようと思い立った。地球上のすべての生命の根源である海、そして、この海は日本にも繋がっている。僕の想いすべてをこの海に捧げよう。そして、世界の平和を祈ろう。

 僕は波打ち際に正座し、イスラム教の礼拝ポーズの様な格好になった。波がだんだん僕の方へと近づいてくる。僕は祈りを続けた。正座した僕の体が打ち寄せるさざ波に飲み込まれる。そして、その波が引いていく時に、僕の祈りは波に乗って世界を覆う海へと託されたと理解した。

「日本人!!!」

 遠くから白人女性と黒人男性のカップルが声をかけてきた。

「何をやってるんだ?」

「祈りを捧げている。自分の人生への感謝と、世界平和への祈りだ。」

「そうか。それは大切なことだ。」

 彼らは僕の行為に対して疑問を抱くこともなく素直に受け止めた。

 僕は、彼らに参加してもらえないかと思った。黄色人種である僕と、黒人と白人の2人で一緒に祈りを捧げながら海へ入る。3人ともに同じ気持ちになって母なる海へと祈りを捧げれば、きっと世界平和への祈りとなり神へと届く。そう考え、彼らに相談してみる。

「僕たち3人で手をつなぎ、世界平和を祈りながら一緒に海へ入らないか?」

 僕の考えを伝え彼らに言うと、白人女性が同意の声を上げた。

「素敵じゃない!やりましょ!」

 僕たちはうっすら白んできた空の下、手をつなぎ、ゆっくりと海に入って行く。内海特有の低い波を脛に感じながら僕は目を閉じて祈りを捧げた。

「いい気分だ」

 黒人の男が言った。
 僕たちの心は平和に包まれていた。

「僕は自然になりたいんだ。そして自然を通して世界平和を実現したい。ブラジルにいるとそれが出来と思えるんだ」

 僕は遠くから飛んでくる猛禽類の鳥を眺めながら、彼らに自分の気持ちをまっすぐに伝えた。

「ほら、向こうから飛んでくる鳥が見えるかい?あの鳥は浜辺の僕たちを目印に飛んできている。だから、僕が動くとあの鳥は飛ぶ方角を変えるんだ。見ていてごらん。」

 その鳥が自分の上空を通り過ぎる直前、鳥を飛ばせたい方向に腕を伸ばす。すると、その腕の方角にその鳥は方向転換した。正直ここまでうまくコントロールできるとは思ってなかったが、自分の意思と、鳥の意思が同調した瞬間だった。

 二人は驚きを言葉に表した。

「日本人。君は自然だよ。自然の一部になれているんだね。」

 彼らに認められ嬉しかった。その後簡単な話をして僕らは別れた。僕は充実感で満たされていた。

 薬をやめてよかった。やっぱり僕はこの感性を信じて生きていきたい。シモーネもこういう僕の方がいいと思ってくれている。必ず世界が僕を必要とする日がやってくる!世界を平和で満たすのだ!・・・・・・・

 しかし、この後二回目の入院が待っていたのだった。

  • [1]^高塚 光(たかつか ひかる)はヒーリング能力を持つ超能力者として、1990年代に「超能力サラリーマン」と呼ばれ話題となった人物である。