メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

19話 学びは自然の中に

ニテロイの船着場 アラリボイア駅

 再びニテロイの船着場前に来ると、広場には屋台が並んでいた。屋台に備え付けられた照明がまばゆいばかりの光量で行き交う人々を浮き上がらせ、照明に電力を供給する小型の発電機のモーター音は人々の会話にさらなるアクセントを加えていた。夕闇の中、仕事から解放され喜びに満ちた人々の高揚感が往来に充満していて、昼間とはまた違ったビビッドな光景だった。これまでに何度か船着場に来ることはあったが、今日のような美しさを感じたことは無かった。風景が急に美しく変わったわけではない。僕がこの美しさを感じられる審美眼を様々な経験を経て獲得したのだ。僕は“大きな力”が作り出す“自然本来の美しさ”を十二分に感じながらその一部となっている自分に酔いしれていた。

 僕はチケット売り場の前に立ち煙草に火をつけた。広場に面しているこの場所に立つと、これから船に乗る者、船から降りて来る者の往来など、広場を行き交う人々を観察することができた。僕はブラジル人を観察することが何よりも楽しく、それが自分の留学に大いなる収穫をもたらすと考えていた。

 目の前の風景を観察していると広場の方から武装した警官が5~6人船着場の前にやってきた。皆硬い表情で、装備している武器に手を添えて、いつでも応戦できるといったポーズを取っていた。

 船着場にやってきた警官隊は軍警察ではないが、装備を見る限りかなり訓練された特殊警察のようだった。彼らはそれぞれの配置につき、これから起こる何かに備えていた。一人が動くと、それに連動するように他の警官が動く。また一人が立っているポジションを変えると、他の警官が持ち場を変える。常にお互いの距離感を一定に保ちながら、次々とフォーメーションを変えていく。適当に動いているのではなくそこには規則性があった。その動きをつぶさに観察していると、フォーメーション変更の規則を感覚的に理解できるようになっていた。

 しばらくしてそのフォーメーションに僕も加わった。行き交う人々の間を縫いながら、彼らが様々に変えるフォーメーションに合わせて僕も自分の立ち位置を変える。その規則性を理解してからは、体が自然と動くようになっていた。僕はもはや、自分の意思で動いているのではなく、フォーメーションに動かされていた。その間誰も僕を邪魔するものはなく、警察官たちも僕をそのメンバーの一員とみなしているようだった。

 ふと、船着場の前に一台の警察車輌が止まっていることに気がつく。僕はいつの間にかその警察車輌の真後ろに辿り着いていた。車輌の横を見ると一人の警察官が棍棒を手にしていた。警察官の目の前には黒のショートパンツ、黒のスリップという部屋着のようないで立ちの中年女性がいた。黒い髪の毛がクルクルとカールしていて肌の色は浅黒く、身体はガリガリで、見るからに貧しそうな女性が地面に這いつくばっていた。二人を観察していると、警官が棍棒でその女性を思いっきり殴り始めた。痛みに声を上げる女性をお構いなしにめった打ちにする。

「出ていけ!この悪女!悪魔め!」

 声を張り上げながら警察官は女を殴り続ける。
 往来の人々はそれを横目に見るも、平然と通り過ぎて行く。もしこれが日本だったら、野次馬たちに取り囲まれていただろう。しかし通行人の誰一人として足を止めず、ちらっと見ては“いつものこと”のようにやり過ごしていた。僕はただただ殴られ続ける女性を見ることしかできなかった。なぜなら僕をこの場所まで導いたフォーメーションが変わらないからだ。

 この光景はブラジルの日常の一コマなのだろうか。僕は魔女狩りを想像していた。この女性はきっと妖術使いで人々に呪いをかける魔女なのだ。彼女はマクンバを操ることができる女性なのかもしれない。呪術を使い治安を乱す者だから警察に退治されているのではないだろうか。なるほど、だから特殊警察が出動しているのだ。そう考えると僕の中で合点がいった。

 女性はぐったりしていた。頃合いを見計らって他の警察官が寄ってきて、彼女を警察車輌のトランクに放り投げるように乗せ、警官が車体を2回叩く。それを合図に車が発車していった。
 僕の周りには数名の警察官が残された状況になっていた。するとそのグループの長と思われる男が僕に話しかけてきた。

「なぜお前にはわかる?どこで習ったんだ?」

 僕がフォーメーションに合わせて動いていたことに疑問を感じたのだろう。僕はとっさに答えた。

「犬に教えてもらった。」

 僕は警察官と話しながら、犬とのやりとりを思い出していた。リオ・イグアスの旅を終えてシェアハウスに戻った僕は“もっとブラジルの秘密を知りたい”という欲求に駆られていた。それは“大きな力”と“自然”のことだ。自分が様々な経験を経てどんどん“自然”になれている手応えを感じていた。

 シェアハウスの同居人たちが寝静まると僕は近所を散策するようになった。アパートの前にはグアナバラ湾の浜辺が広がり、街並みが湾の緩やかな曲線に沿ってどこまでも続く。街灯に照らされた街を本能に導かれるまま一人散策するのが僕の楽しみになっていた。植込みの木々に触れたり、地面のマンホールの数を数えたり、敷き詰められている石畳が作り出す造形を観察したりした。通り過ぎる人の歩幅を観察したり、近所のバーから漏れ聞こえてくる様々な音に聞き耳を立てたり、浜に打ち寄せる波の数を数えたりもした。これが世に言う“徘徊”であることも理解していた。しかし、自分はそんな次元で世界を生きているのではなく、もっと高次元の世界を生きているという確信があった。

 ある夜、浜に一匹の真っ黒な犬を見つけた。足が長く背の高い立派な犬だった。周りには誰もいない。僕と犬だけがその空間に存在した。犬は僕のことを見ながら距離感を測っていた。僕が少し動くと、犬も少し動く。その繰り返しの中で犬が僕との距離感をどのように感じ、反応するのかわかるようになっていった。しかし、ある距離まで近づくと犬は一定の距離を保ち続け、僕を近寄らせないような動きをした。不思議に思いながらも犬と対話し続けていると、僕らの動きに合わせて、どこからともなく真っ白な犬が近寄ってくるではないか。どうやらこの黒い犬が雄で、白い犬は雌のようだ。犬2匹と人間の僕がある規則性に則って動き続けていると、最後には一点に僕らは集まっていた。その二匹をなでると喜んで尻尾を振った。僕は犬を通して自然の秘密をまた一つ見つけた気がしたのだった。

「犬だってよ!」

 警察官がそう告げると、ほかの隊員から笑みがこぼれた。僕は強い確信を得ていた。自分が身に付けた能力は確実にどこかで通用する能力なのだと。少なくとも、自分の思いつきではなく、経験から学び獲得した能力なのだと。その証拠にこうしてブラジル人が僕の能力に疑問を持つことなく、むしろ感心している。おそらく他の日本人は持っていない能力だろう。僕は留学生として“ブラジル”を学び、吸収している。それが誇らしく嬉しかった。そして何より一人の人間として悟りに近い境地に居る。僕は選ばれし人間なのだ。だからこそ世界のために働かねば。自分が授かった使命を果たす決意をまた強く新たにしたのだった。

 何日寝ていなかったのだろうか、僕はシェアハウスに戻るとソファーに寝転がり、深い眠りについた。

……哲平くん……哲平くん……

 遠くで僕のことを呼ぶ声がする。こうして、セイヨウイガクの使徒が僕を訪問する朝を迎えたのだった。

toushitsu1030-1

【前の記事】

第18話 妄想と徘徊
toushitsu1127-1