メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

第18話 妄想と徘徊

筆者が徘徊したニテロイのショッピングセンター

 大きな力を感じながらバスターミナルを後にした僕は、導かれるようにショッピングセンターへと入って行った。何故そこへ向かっているのか、何が目的なのか僕にもよくわからなかった。人の流れに身を任せ自然にショッピングセンターへと辿り着いたのだ。日付や時間の感覚がまるでなかった。しかしショッピングセンターに居る人の量から考えるとどうやら週末のようである。老若男女がそれぞれの時間を過ごしている。ここにも人々の流れが織り成す美しい調和を感じられた。ショッピングセンターにいるすべての人がいて初めて完成する見事なまでのハーモニー。その流れに身を任せながら僕は館内を徘徊していた。

 しばらく歩いていると、「この館内に爆弾が仕掛けられている」と考えるようになっていた。なぜかはわからないが、僕はこの館内でその事実を知っている唯一の客で、その爆弾を見つける任務を与えられたのだ、との使命感に駆られていた。しかし、ここで騒いでしまうと館内がパニックに陥る。僕は冷静を装いながらどこに爆弾が仕掛けられているか考えながら館内を徘徊した。爆弾を仕掛けるのなら出入りが多く死角も多いトイレだろう。目についたトイレに入り隅々まで調べる。洗面器の下、便座の影、掃除用具入れのボックス。自分が大事件を担当する捜査官になったような気持ちで探したが、このトイレに不審物は無かった。しかし、館内にはまだまだトイレがたくさんある。片っ端からトイレを捜索し始めたその時、灰色の制服を着た警察官に出会った。

(このショッピングセンターには爆弾が仕掛けられていて、警備のために警察官が配置されているのだ)

 僕はその警察官に目くばせをして「今のところ異常なし」と合図を送った。警察官も僕の方をみて目で合図を送ってくる。やはりそうか、僕の様な特殊な能力を持つ人間を館内に泳がせてその爆弾を何事もなかったかのように処理しようとしているのだ。爆発すれば大事件である。僕はこの事件に関わっていることを誇りに思った。

 エスカレーターを登っては降り、トイレに入っては不審物を探す。警察官に目くばせをして合図を送る。僕はずっとこの任務を繰り返していた。時折ベンチに座り館内を眺めながら「僕のような特殊能力を持つ人間の協力で治安は維持されているのだ」と考えていた。今自分がしていることについて何も疑問を抱くことはなかった。しばらく休憩した後「任務を続けなければ」と席を立つ。

 ショッピングセンターに入ってからどれくらいの時間が経っただろうか、正面から真っ赤なポロシャツにジーンズ姿の中年男性が僕の方向に歩いてきた。目の前に立ち僕の腕を掴むと、他の客から見えない場所へと連れていかれた。その男は警察手帳を見せながら言った。

「お前は何をしてるんだ!?」

 僕は学生証とパスポートのコピーを見せた。

「僕は日本から来た学生です。何もしていません。」

 彼は手渡したIDを見ながら「変なことをするんじゃないぞ!」と強い口調で言い捨てた後、すぐに去って行った。

(私服警察が動いている。これは大きな案件なんだ。)

 僕がその犯人を刺激するのではないかと怖れた警察が、僕に対して犯人を刺激しないよう命じたのだ。僕は決意を新たに、再び館内パトロールを始めた。依然として不審物は見つからないが、警備にあたっている警察官たちは相変わらず合図を送ってくる。僕は人の流れに逆らうことなく徘徊を続けた。

 煙草を一服しに非常階段の方へ向かった時だった。先ほどの赤ポロシャツがやってきた。

「何度言ったらわかるんだ!!!」

 彼は叫びながら僕を引っ張ってショッピングセンターの外へと連れ出した。

「もう来るんじゃない!!」

 僕は後頭部を平手で2回思い切り叩かれ、そのまま背中を強く押されて館外へと追いやられてしまった。僕のような日本の留学生に手柄を取られることを嫌ったブラジル警察が、僕を排除しに来たのだ。確かに民間人に解決されれば、ブラジル警察の威信に関わる。僕はやむなく捜査を打ち切った。暴力を振るってまで排除に動かなければならないほどに僕の働きは際立っていたのだ。

 僕はボーっとする意識にすべてを委ね、人の流れに身をまかせると、再びニテロイの船着場に足を向けていた。空は夕闇に包まれ、街灯に灯がともり始めていた。相変わらず景色は美しく、僕は恍惚の境地にいたのだった。

toushitsu1016

【前の記事】

第17話 大きな力
toushitsu1113-1